株式会社イエスリフォーム 〒103-0005 東京都中央区日本橋久松町13-1

業界特化型のホームページ制作・運営ならウェブコンシェル
業界特化型のホームページ制作・運営ならウェブコンシェル

コラム

COLUMNコラム

ECサイトの種類をご紹介

  • 公開日:
  • ホームページ制作

ECサイトとは、インターネット上で商品やサービスを販売するWebサイトのことです。ECサイトは、スマートフォンの普及やテレワークの定着などにより、昨今急激に拡大してきました。個人でも1日で開設できるECサービスもあり、実店舗を構えなくとも商売ができる時代です。これからECサイトを立ち上げたいとお考えの方に、種類やメリットデメリットなどをご紹介いたします。

ECサイトの種類(モール型ECサイト)

ECサイトの種類は多種多様で、予算や知識または将来的展望などによって、どのようなECサイトを作るか、もしくは利用するかを事前によく考える必要があります。

 

ECサイトは大きく、『モール型ECサイト』『自社ECサイト』の2種類に分けることができます。

 

【モール型ECサイト】

モール型ECサイトとは、楽天市場やAmazonのようなインターネット上で多くのネットショップが1つの場所に集結しているECサイトのことを指します。あまり有名でないショップやブランドでも、知名度のあるECモールに出品や出店をすると、高い集客効果が見込める可能性があります。さらにモール型ECサイトには、以下の3種類がありますのでご紹介いたします。

 

1.統合管理型モール

統合管理型ECモールとは、同じ会社が複数のネットショップを統合して運営するECサイトです。販売事業者が運営するモール型ECサイト内に、同じ事業者のブランド・ショップを複数出店するのが統合管理型。初期費用が必要となる場合もありますが、出店する側は簡単にECサイトを構築でき、運営の負担が少なく済みます。統合管理型ECサイトでは、ふるさと納税サイト「さとふる」が有名です。

 

2.テナント型モール

テナント型モールとは、モール内に販売事業者がそれぞれショップを開設するタイプのモール型ECサイトです。出店企業にサイト運営の負担がかかるものの、デザインや機能の面で融通がきくため、自社店舗の特徴は出しやすいといえるでしょう。代表的なテナント型ECサイトとして、楽天市場やYahoo!ショッピングが挙げられます。

 

3.マーケットプレイス型モール

マーケットプレイスとは「市場」を意味しています。マーケットプレイス型のECモールは、モール内に本格的なショップページを作成して販売するのではなく、簡単な出品者情報のみを登録してプラットフォーマーに販売を委託するイメージです。商品管理はモール側が代行するので、手間をかけずにネットで商品を販売したい場合におすすめです。無料で出品できるサービスが多い一方、商品が売れた時に手数料がかかります。マーケットプレイス型ECモールはAmazonが代表的です。

ECサイトの種類(自社ECサイト)

自社ECサイトとは、独自ドメインを取得して個人のネットショップを運営するECサイトのことを言います。自社ECサイトの構築には複数の方法があり、デザインや機能の自由度や制作コストが異なります。自社ECサイトには、以下の5種類がありますのでご紹介いたします。

 

1.ASP

ASPは最も手軽にECサイトを構築できる方法です。ECサイトを低予算で立ち上げられることはもちろん、プロバイダー側がシステムの更新を行うため、自社でアップデートしなくても常に最新の機能を利用することができます。

 

2.パッケージ

パッケージとは、ECサイト構築に必要な機能が詰まっているソフトウェアをパッケージ販売会社から購入し、ECサイトを構築する方法です。顧客管理や売上管理などの機能をゼロから作らずに、自社ECサイトを構築できます。

 

3.オープンソース

オープンソースとは、インターネット上に公開されている無料のソフトウェアを利用する方法です。コストをかけずにECサイトを構築できますが、セキュリティ対策や不具合があった場合は自社で対応する必要があります。

 

4.フルスクラッチ

フルスクラッチとは、システムをゼロの状態からECサイトを構築していくことです。専門知識や技術が必要で開発にも時間がかかりますが、求める機能やデザイン、自社システムとの連携などを自由に盛り込むことが可能です。

 

5.クラウドEC

クラウドECとは、クラウド上にあるECプラットフォームを活用してECサイトを構築できるサービスのことです。サーバーに関して常に最新のものが利用でき、管理の専門的知識は必要ありません。

モール型ECサイトVS自社ECサイト

『モール型ECサイト』と『自社ECサイト』をご紹介いたしましたが、それぞれにメリットとデメリットがあり、どちらがより優れているとは一概には言い切れません。

 

●モール型ECサイト

【メリット】

・知名度や信頼性が購買につながる

・集客力がある

・初心者でも簡単に始められること

【デメリット】

・競合が多く値下げ競争になりやすい

・販促費用、販売コミッションなどの費用がかかる

・モールのブランドが前面に出るため、ショップの個性は出しにくい

 

●自社ECサイト

【メリット】

・デザインや機能などが自由に決められる

・自社のブランディングができる

・データ活用がしやすい

【デメリット】

・保守費用がかかる

・集客コストやノウハウが必要

・自社サイトは信用が低く購入しづらい

 

ECサイトは誰でも気軽に構築・運用できる時代です。どのECサイトを選択すればよいかは、予算や用途、目的を考え、ユーザーニーズに合わせたサイト作りを行うことが重要ですね。

お気軽にお問い合わせください

投稿者プロフィール

株式会社イエスリフォーム 代表取締役 齋藤直樹
株式会社イエスリフォーム 代表取締役 齋藤直樹
SNSも更新しています!ぜひご覧ください!

ホームページ制作・運営からWEBデザイン、ウェブサイト企画作成
ウェブコンシェル

〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1

TEL:0120-16-1244
受付時間:月~金 9:00~18:00

関連記事

CONTACT

どうぞお気軽にご相談ください!

オンライン見積り

CONTACT

お気軽にお問い合わせください!

0120-16-1244 営業時間 9:00~18:00
業界特化型ホームページ制作
200社近くの建設業者様のウェブサイトを制作!建設業界で実践したWEB集客を惜しみなくご提供いたします!
プロカメラマン出張撮影
採用情報
株式会社イエスリフォーム
PAGE TOP