お問い合わせ

ウェブコンシェル WEB CONCIER

株式会社 イエスリフォーム
東京都中央区日本橋小伝馬町20-3
NOGUCHI BUILDING 3F

tel:0120-16-1244fax:03-6667-0782

新着情報

新着情報

業界別にみるホームページ作成の必要性 ~農家,生産者編~

2018.05.09 15:19 カテゴリ: ホームページコラム

◇業界別にみるホームページ作成の必要性 ~農家、生産者編~◇

 

 

「農家、生産者にホームページなんて必要ないんじゃない?」

 

と思われがちですが、

名刺がわりとしてシンプルなホームページを作ったり

デザインや写真にこだわった宣伝効果の高いホームページを作ってネット販売をしたり ・・・

それぞれの目的に合ったホームページを持つことで自慢の作物を直接消費者にPRすることができ、消費者との距離もより近く感じられるはずです。

 

こちらを参考に、ぜひ一度ホームページの作成を検討してみてください。

 

 

 

 

 

1 どうして農家にホームページが必要なの?

 

 

農家にホームページが必要な理由としていくつかの理由が挙げられます。

 

まず一つ目は…

~農業従事者の減少、人手不足を補うツールとして~

現在、農業従事者の数は後継者の不足や地方の過疎化等が原因となり減少傾向にあり、高齢化の問題もあります。

 

限られた人員で効率良く仕事をするためには、農産物を育てて出荷するだけではなく、販路の確保をする事が大切な仕事の一部となってきています。

 

その “販路を確保する” 部分においてインターネットを活用し、自分達で作った農産物をより多くの消費者にPRをすることを目的に「ホームページ」を作る農家の方が増えており、現在は多くの農家が自身のホームページで販売促進を行っています。

 

そしてもう一つ、

~新たに農業を始める方へのきっかけづくり~

近年、定年退職後に農園を開いたり、オーガニックにこだわった有機野菜を自ら栽培することに興味をもったり、中には若い人が集まって出資し農園を作ったりと、新しく農業に従事する人が増えていきています。

 

そういった方が農業に参入するきっかけとして、地方の農業事情を発信し地域の農産物や地域の特性などを知ってもらうためにもホームページ作成は有効だと思われます。

 

 

2 農家のホームページ作成の注意点

 

 

こちらでは、農家の方がホームページを作成する際のポイントと注意点をご紹介します。

~他農園との差別化がポイント~

農産物を紹介・販売するサイトは近年増えてきていますので、他との差別化していくことが大切になります。

実際の味や美味しさは購入してみないとわかりませんので、消費者の方にとってプラスαの情報となるようなもの載せることもひとつの方法です。

例えば、

・農産物を使って作る地域の郷土料理のレシピを載せる

・ブログに作業風景やその時々の畑の様子をアップする

など。

生産者の人柄や農園の様子がわかるようなものをホームページに載せると消費者の安心につながります。

 

~対応には注意~

ホームページを作成すると、顧客からの問い合わせの電話やメールなどが増えると思います。

もしネットで販売もしている場合は

「傷んでいた」「思っていたサイズと違う」「ネットで見たものと色が違う」

など、生鮮品ならではのクレームや苦情も考えられます。

対面ではない分、消費者は生産者の普段の電話やメールの文面、クレームの対応から生産者(販売者)の印象を強く受けますので、問い合わせに丁寧に対応することはもちろん大事です。

そして、生産者側の不備に対しては再発しないような具体的な対策をとることや、ホームページ作成の段階では、販売画面にあらかじめ「多少の色形の違いは了承いただきたい旨」の一文を付け加えることを考慮してください。

 

新鮮な美味しいものを食べたいという思いだけではなく「信用」ができるから、といった理由で農家のホームページへ直接問い合わせをし購入する人がほとんどです。

ホームページを訪れた消費者の気持ちに丁寧に応えることが大切です。

 

3 ネット販売を始めるときのポイント

 

 

ネットで商品を販売する場合は、JAに卸したり直売所などで販売する時とは少し売り方が違ってきます。

ネット販売で売上を伸ばすためのポイントがありますので参考にしてください。

 

 

<安値にしすぎない>

 

大手ショッピングサイトのように常に閲覧者がいる状態ではないため、安値で少数単位で売ってしまっては当たり前ですがあまり利益がありません。

ネット販売を始める際には「農園独自の商品の強み」を説明文や写真を使ってしっかりと宣伝し、少し高めの価格でも買ってもらえるよう魅力を伝える事を大切にしましょう。

 

<基本は箱・セット売り>

バラ売りは単価が安く、上記で述べたようになかなか利益が出ず、もしも送料の方が高くなってしまうようではお客様も購入する事を躊躇してしまいます。

直売所での販売はバラ売りで売っている商品でも、ネット販売では箱単位(セット)での販売とした方が、もし注文数が少なくても利益につながります。

そしてセット販売をする際は、『複数種の詰め合わせ』で売り出すのもおすすめです。

例えば…

 ~旬の野菜を段ボールにどっさり詰め合わせ~

その時々に収穫された野菜を詰め合わせて時期によって中身をかえられるので、農家側にとってはたくさん採れた野菜を無駄にすることなく、色んな種類のお野菜が届くことでお客様にも喜ばれます。

~ちょっとワケありだけ味は抜群なお野菜(果物)セット~
大きさ、キズ、変色、などの市場には出せないような規格外の野菜や果物をお得な値段でセット売りするのもおすすめです。規格外であっても味に変わりはなく、新鮮であればニーズはありちゃんと商品になります。

 

<一気にネット販売だけに集中しない>

ネット販売は、購入者が増えることで知名度がつきリピーターや口コミ客が増え、少しずつ売上が上がっていくもので、「ネット販売を始めたからこれで売れる・安心」ではないのです。

売上げのペースやお客様からの購入のボリュームがある程度安定し軌道にのるまでは直売などの既存の販路も残し、ネット販売だけに絞ることは避けることをおすすめします。

 

 

 

4 イマドキの農家のホームページってどんな感じ?

 

 

名刺の代わりとしてホームページを作成したり、オンラインショップで直接販売もできるよう力を入れているホームページもあったりと、それぞれの目的に応じたホームページを作成する農家の方が増えています。

そんな農家のホームページですが、最近のものはどれも、まずパっと目を惹くおしゃれなデザインが多く、ホームページを使って農産物・農園のイメージアップにつなげています。

 

今回は、弊社が作成した “イマドキの農家のホームページ” の一部をご紹介します。

 

 

~兵庫県たつの市 新鮮なお野菜をお届けする御津サンファームさん~ (弊社デザイン)

http://mitsu-sunfarm.co.jp/

 
 
こちらのホームページのトップページは、新鮮な人参だけがごろごろっと積まれた写真をメインに置き、他は色も抑えめにシンプルなデザインでメインの写真を引き立てています。
 
ページの下の方には、栽培地である「成山新田」の紹介を含め、栽培品目やメンバーの紹介など、作り手の環境がわかるような作りになっています。
 
こういった、商品の写真をメインに消費者の目を惹くようなものが最近多いデザインの一つです。
 
 
 
~ IT型農業経営の株式会社みつヴィレッジさん(総合サイト)~  (弊社デザイン)
 
http://www.mitsu-village.com/
 
 
 こちらのホームページも、(上の写真にはうまく写っていませんが)トップページの一番上の部分に、生産しているトマトの写真を載せています。
 
さらにアニメーションでビニルハウスや育成途中の写真も入ることで、「新鮮でおいしそうなトマトが栽培されていそうだな」と感じることができます。
 
そして、生産物の写真だけではなく人の様子が分かる写真や、手書き風のかわいらしいイラストがだくさん使われていることで親しみやすさも感じられます。
 
作りとしては、
・農園の説明 ・こだわり ・収穫体験や体験者の声 ・農園で出来たトマトを使ったオリジナルレシピの紹介 ・各事業紹介 と載せていくことで、農園全体の雰囲気や事業内容まで知ることができようになっています。
 
こちらは農業の活性化や産業化を軸に農業支援や収穫体験なども行っている農園のホームページのため、比較的情報が多くページ数もあります。
 
 
 
 
農家のホームページでは、農園の規模や事業内容・目的などによって、どういうホームページを作っていくかが大切になります。
 
様々な農家のホームページを見て、自身の農園に合ったデザイン・構成のホームページを参考にして満足のいくホームページを作成してみてください。
 
   

 
 

↓ ↓ ↓ 製作事例はこちらから! ↓ ↓ ↓

 
 
 
 
 
 
 

  • ホームページ制作・運営からWEBデザイン、ウェブサイト企画作成
  • ウェブコンシェル
  • TEL:0120-16-1244
  • 〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町20-3 NOGUCHI BUILDING 3F
  • 受付時間:月~金 9:00~18:00

ごあいさつ 代表取締役 齋藤直樹

COMPANY 会社概要

株式会社 イエスリフォーム
WEBコンシェル事業部
〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町20-3
NOGUCHI BUILDING 3F
TEL: 03-6661-1244
■営業時間 9:00~18:00
PAGE TOP