株式会社イエスリフォーム 〒103-0005 東京都中央区日本橋久松町13-1

業界特化型のホームページ制作・運営ならウェブコンシェル
業界特化型のホームページ制作・運営ならウェブコンシェル

コラム
  • コラム
  • ホームページは、リース契約できません!

COLUMNコラム

ホームページは、リース契約できません!

  • 2020.09.23
  • ホームページ制作

ホームページ制作はやはり高額なので、安価に済ませたい。
そうお思いの方も、多いのではないでしょうか。

その時に、「ホームページは、リースってできないの?」と、思いつきますよね?
リースで契約なら、最初からまとまった金額を用意する必要がありませんし、
月々の支払も安いので、無理なくホームページが制作できると感じるのも、
無理はありませんね。

でも、ちょっと待って!
それは大変¨デンジャラス¨です。

何が危険なのか、詳しく解説いたします。

リース契約とは

そもそも「リース契約」とは、何でしょうか?

リース契約とは、会社が設備投資をする際に、その物件を購入するのではなく、

リース会社から長期間借りて利用する契約を指します。

 

【リース対象】

コピー機や複合機といったOA機器などの事務用品の他、自動車もリース契約の

対象となります。

 

【リース対象外】

ホームページのような形の存在しない「無形物」は、対象外となります。

 

【リース契約方法】

リース契約は、基本的に「ファイナンスリース」になります。

 

●ファイナンスリースとは・・・

ユーザーが選んだ物件をリース会社がユーザーに代わって購入し、

貸与するファイナンス(金融)取引です。

ファイナンスリースでは、原則として、貸出期間の途中で契約を解除することは

できません。

悪徳業者はリース契約が出来る?

【リース対象外】に挙げたとおり、リース契約は基本的に有形の財産を対象とする

もので、ホームページのように無形で手に取ることのできないものは、リース契約と

としては成立しません。

 

がしかし、実は「リース契約をすすめる悪徳業者」がいるのです!

ホームページリース商法の業者は、管理ソフト(CD-ROM)やパソコンといった

形のあるものと、抱き合わせで契約させようとします。

 

「無形なものがリース対象外なら、有形なものでリース対象にしよう」という手口です。

概ね5年間のリース契約をする業者が多く存在します。

 

まんまと甘い誘いに乗せられ、リース契約した場合は、下記のような悲しい現実が

待っています。

 

【悲しい現実1】

「初回からの分割ができるし、初期費用を抑えることができる。」と聞いていたのに、

月々3万円の5年払いで、総額180万円にもなった。

 

【悲しい現実2】

一度契約をすると、事業者間同士の取引のため「クーリング・オフ制度」が適用され

ず、途中解約もできなかった。

 

【悲しい現実3】

5年のリース契約満期前に、再リース契約をしないと、ホームページは閉鎖される。

再リース契約を結べばホームページは存続するが、さらに180万円経費がかかる

という計算になる。

 

また、何回更新したとしても、ホームページの所有権が客側に移ることはなかった。

 

【悲しい現実4】

一般的にホームページのデザインは、2~3年でトレンドが変わるといわれているにも

関わらず、リース契約の場合は、制作した当時の古いデザインのまま使い続けること

になる。

 

【悲しい現実5】

元々は悪徳業者のため、倒産する可能性がある。

業者が倒産したらホームページもなくなってしまうが、リース料金は払い続けないと

いけない。

 

リース料金は毎月払いでも、業者はクレジット会社から一括で代金を受け取っている

ため、忽然と姿を消すかも・・・。

 

悪徳業者は、いろいろな話術で契約をすすめてきます。

とにかく悪徳業者の誘いに乗らないことですね!

ホームページ制作費用の相場を知ろう

まず悪徳業者に騙されないために、ホームページ制作費用の相場を知りましょう。

知識があれば、万が一怪しい営業があっても、見極められますね。

 

【制作会社の場合】

一般的な5ページのホームページ制作の相場は、30万円~50万円くらいです。

もちろん複雑なシステム開発などが絡むと、100万円超えの場合もありますが、

もし一括払いが難しければ、分割払いにできないか制作会社に相談しましょう。

 

【フリーランスの場合】

一般的な5ページのホームページ制作の相場は、10万円~30万円くらいです。

5万円前後でも制作してくれるフリーランスもいます。交渉次第です。

 

【費用を抑える方法】

費用が高すぎるのであれば、下記の方法で少しは費用を抑えられるかもしれません。

 

①ページ数を最低限に減らして依頼する。

ホームページは、ページ数が増えるごとに、高くなります。

本当に必要な情報なのか、今一度整理しましょう。

 

②写真やテキストデータはなるべく用意する。

写真や文章などは、ホームページ制作に必須ですが、撮影や文章作成も依頼すると

さらに費用がかかります。

なるべく事前に用意しましょう。

まったくいい文章が思い浮かばなくても、制作会社から無料でアドバイスをもらえる

ので、心配いりません。

 

まとめ

「初期費用0円」が謳い文句のため、非常に目を引きますが、相場と逸脱している

場合は、要注意です。

 

一度契約してしまうと、泥沼化間違いなしです。

何事も契約する際はよく考え、納得するまで契約しないようにしましょう。

ホームページでリース契約をすすめてきた場合は、きっぱりお断りしてくださいね。

お気軽にお問い合わせください

ホームページ制作・運営からWEBデザイン、ウェブサイト企画作成
ウェブコンシェル

〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1

TEL:0120-16-1244
受付時間:月~金 9:00~18:00

関連記事

CONTACT

どうぞお気軽にご相談ください!

オンライン見積り

CONTACT

お気軽にお問い合わせください!

0120-16-1244 営業時間 9:00~18:00
業界特化型ホームページ制作
200社近くの建設業者様のウェブサイトを制作!建設業界で実践したWEB集客を惜しみなくご提供いたします!
デイサービス専門のホームページ制作はじめました!
プロカメラマン出張撮影
採用情報
株式会社イエスリフォーム
PAGE TOP