株式会社イエスリフォーム 〒103-0005 東京都中央区日本橋久松町13-1

業界特化型のホームページ制作・運営ならウェブコンシェル
業界特化型のホームページ制作・運営ならウェブコンシェル

コラム
  • コラム
  • Webディレクターの仕事内容をご紹介

COLUMNコラム

Webディレクターの仕事内容をご紹介

  • 2023.01.10
  • ホームページ制作

ホームページ制作に『Webディレクター』という仕事があります。通常ホームページ制作の見積もりにもディレクション費用として記載があります。ディレクション費用は結構な金額ですが、実際何をしている仕事なのかご存じない方も多いのではないでしょうか。今回はホームページ制作に欠かせないWebディレクターの仕事内容をご紹介いたします。

Webディレクターとは

WebディレクターはWebの制作・運営において、プロジェクトを管理・進行する役割を担う職種です。Webサイトの制作などにあたる現場では、Webデザイナーやプログラマー、ライター、SEO担当者など、それぞれに専門領域を持った人材が集い、チームとして共同作業を行っていくのが基本です。クライアントの要望を聞いてWebサイトの方向性を決定し、さまざまなタイプのチームメンバーを統括し、目指す目的に適った制作を実現させる管理役を担います。

 

【Webディレクターは4種類】

Webディレクターは、役割によって以下の4種類に分類されます。それぞれ必要とされるスキルが異なるほか、所属する会社や部署にも違いがあります。

 

●マーケティング・企画系Webディレクター

一番、一般的なWebディレクターのイメージに近く、企画立案から携わり、マーケティングの知識を用いてプロジェクトの設計を行うWebディレクターです。プランナーとしての役割を担っているので、プロジェクトにおける重要度が特に高いタイプのWebディレクターだと言えます。主に、広告代理店や、Web制作会社、企業内のWeb企画系部署に所属しています。

 

●アート・クリエイティブ系Webディレクター

主にデザイナーの立場から提案を行う、クリエイティブに特化したタイプのWebディレクターです。Webデザイナーやフロントエンドエンジニアからのキャリアアップが多く、デザインによる課題解決のため、ある程度のHTMLやCSSによるコーディングの知識・スキルが求められます。

 

●システム系Webディレクター

Webディレクターの中でも、特に技術面に深く関わるタイプです。直接プログラミングを行うことは基本的にありませんが、プログラミング言語の知識やシステム開発における要件定義能力が必要です。主にシステム会社やWeb制作会社に所属しています。

 

●営業系Webディレクター

ディレクションだけでなく、営業活動も行うWebディレクター。獲得した案件に関して、企画の提案や納期の交渉なども行います。営業職からWebディレクターにキャリアアップした人が多く、これまでに培った営業スキルから積極的な営業活動も展開し、仕事を受注するところから始めて、通常のWebディレクターが行う職務に入っていく点が特徴的です。

ディレクション費用の算出方法

Webディレクターはホームページ制作においてそれぞれの専門職を統括する仕事とご紹介しましたが、ディレクション費用はどうやって決めているのか気になりませんか?いくつか算出方法がありますので、ご紹介いたします。

 

①制作費に応じてディレクション費を算出する方法

ディレクション業務を除いた制作費の10%~30%に相当する金額をディレクション費とする方法

例)200万円のホームページ制作費×ディレクション費20%=40万円

 

②Webディレクターの人件費で算出

Webディレクターの1日の人件費に、稼働日数を掛ける形式でディレクション費を算出する方法

例)1日単価5万円のWebディレクター×10日間稼働=50万円

 

③ディレクション費の項目がない場合も

見積書にディレクション費と記載せず、要件定義、企画・提案、画面設計等の費用に上乗せする方法

 

【ディレクション費用の相場】

ディレクション費用の相場は、プロジェクトの規模やWebディレクターにかかる負担、難易度、納期に応じて変動します。相場としては、ホームページ制作料金の20%程度、5万円から20万円が一般的です。フリーランスなど個人で制作している会社に依頼すれば3万円ほどの場合もあります。

Webディレクターがいないとどうなる?

Webディレクターはサイト構築のあらゆる工程に関わり、プロジェクト全体を動かしていくという極めて重要な役割を担っていますが、Webディレクター自身が実際に作業するわけではありません。もしWebディレクターがいなければどうなるのでしょうか?

 

【納期に時間がかかる】

Webディレクターはクライアントと制作担当の橋渡し役で、社内の調整役でもあります。クライアントの要望を汲み取り、それをデザイナーやエンジニアなどの制作チームによりよい形で落とし込むのも、Webディレクターの仕事です。Webディレクターを挟まずに、直接やり取りをすると要望に対する「落とし所」を見失ってしまい、いつまでもプロジェクトが進行しません。

 

【制作物の品質が下がる】

Webディレクターの役割を制作スタッフが担った場合、コミュニケーションに時間が取られ、制作に時間を割けなくなってしまう恐れもあります。デザイナーやエンジニアが制作に集中し制作物のクオリティを高めるためには、Webディレクターは必須とも言えるのです。

 

【見積もり時よりも費用がかさむ】

Web制作のコストは人件費ですが、Webディレクターの役割を制作スタッフが担うとスタッフの稼働時間が増え費用もかかってきてしまいます。プロジェクトを円滑に進めるWebディレクターは、実は制作物のクオリティ管理だけでなく、不要なコストを抑える役割も担っているのです。

 

【進行における責任の所在がわからず混乱する】

最終的な責任の所在をはっきりと決めておかないと、何かトラブルが起きたときに誰が責任者か明確でなければその都度現場が混乱してしまいます。Webディレクターはプロジェクト全体の責任者です。リーダーシップを取れる有能なディレクターを配置し、何かあったときに対応できるようにしておくことが必要です。

 

ディレクション費用なんてもったいないとお考えの方もいらっしゃると思いますが、Webディレクターは必要不可欠な仕事だと実感いただけると嬉しいです。

お気軽にお問い合わせください

ホームページ制作・運営からWEBデザイン、ウェブサイト企画作成
ウェブコンシェル

〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1

TEL:0120-16-1244
受付時間:月~金 9:00~18:00

関連記事

CONTACT

どうぞお気軽にご相談ください!

オンライン見積り

CONTACT

お気軽にお問い合わせください!

0120-16-1244 営業時間 9:00~18:00
業界特化型ホームページ制作
200社近くの建設業者様のウェブサイトを制作!建設業界で実践したWEB集客を惜しみなくご提供いたします!
プロカメラマン出張撮影
採用情報
株式会社イエスリフォーム
PAGE TOP