株式会社イエスリフォーム 〒103-0005 東京都中央区日本橋久松町13-1

業界特化型のホームページ制作・運営ならウェブコンシェル
業界特化型のホームページ制作・運営ならウェブコンシェル

コラム
  • コラム
  • Googleマップに建物の写真を載せてもいいの?~載せ方や影響をご紹介~

COLUMNコラム

Googleマップに建物の写真を載せてもいいの?~載せ方や影響をご紹介~

  • 公開日:
  • その他

Googleマップは、私たちの日常生活に欠かせない地図アプリの一つとして知られています。このアプリでは、現在地の確認やルート検索などが簡単にできるだけでなく、建物の外観写真も閲覧できるようになっています。しかし、このような写真をアップロードすることには、プライバシー問題や著作権侵害の問題などが懸念されます。そこで、今回は「Googleマップに建物の写真を載せてもいいの?」という疑問について考えてみたいと思います。

Googleマップの登録は誰でもできる?

Googleマップの登録は誰でもできるのか気になったことはありませんか?コーポレートサイトの地図に表示させられれば集客につながりますので、Webサイトの運営にはかなり重要な要素です。

 

【Googleマップの登録は誰でもできる?】

Googleマップの登録は基本的に誰でも自由に行うことができます。ただし、登録した情報が正確であることが重要であり、虚偽の情報を登録することは避けなければなりません。また、登録した情報は一定の条件下で公開されるため、プライバシーに注意することも大切です。

 

【登録できる条件は?】

Googleマップに登録するためには、以下の条件を満たす必要があります。

 

1.事業所または施設が実際に存在すること

Googleマップに掲載される場所は、実際に存在する事業所や施設である必要があります。ただし、一時的なイベント会場なども掲載できる場合があります。

 

2.正確な住所がわかること

登録する場所の正確な住所がわかる必要があります。住所が不明確である場合は、Googleマップに掲載されない場合があります。

 

3.登録する場所が法的に問題ないこと

Googleマップに登録する場所は法的に問題がないことが必要です。例えば、不法占拠された土地や違法建築物などは登録できません。

 

4.コンテンツポリシーに適合すること

Googleマップに掲載される場所の写真やレビュー、口コミなどは、Googleのコンテンツポリシーに適合する必要があります。不適切な内容が含まれる場合は掲載されない場合があります。

 

5.Googleマイビジネスに登録されていること

Googleマップに登録する場合は、事業者はGoogleマイビジネスに登録している必要があります。マイビジネスに登録されていない場合は、Googleマップに登録できません。

 

これらの条件を満たす場合は、Googleマップに登録することができます。

著作権はどうなる?

Googleマップに建物の写真を載せる場合、著作権に関する問題が発生する可能性があります。一般的に、建物の外観写真は著作権の対象となりませんが、建物内部の写真や、建物自体に芸術的価値がある場合は、著作権の対象となる可能性があります。

 

【許可は必要?】

建物の写真を撮影した場合、その写真の著作権は写真を撮影した人に帰属します。つまり、建物の写真を載せる場合、著作権侵害にならないように、建物の所有者や管理者から許可を得ることが重要です。

 

【Googleには許可が必要?】

Googleマップの利用規約では、ユーザーは自分が作成したコンテンツに対して、Googleに利用権を許可することに同意する必要があります。したがって、建物の写真をGoogleマップに投稿した場合、投稿者がその写真の著作権を所有していることが前提となります。

 

総合すると、Googleマップに建物の写真を載せる場合、著作権に関する問題が発生しないように、建物の所有者や管理者から許可を得ること、または自分が作成した写真について利用権をGoogleに許可することが重要です。

 

【印刷広告での利用はOK?】

Googleマップの使用には制限があります。Webサイトやブログ、SNSなどでの使用は認められていますが、「印刷広告」に該当するチラシは使用禁止とされています。

Googleマップの登録方法

Googleマップに自分の事業所や施設を登録する方法は以下の通りです。

 

①Googleアカウントを作成する

Googleマップに事業所を登録するには、Googleアカウントが必要です。すでにGoogleアカウントを持っている場合は、ログインします。

 

②Googleマイビジネスにアクセスする

Googleマイビジネスにアクセスし、事業所の情報を登録します。Googleマイビジネスは、Googleが提供する無料のツールで、事業者は自分の事業所情報を登録・管理できます。以下のURLからGoogleマイビジネスにアクセスできます。

https://www.google.com/intl/ja_jp/business/

 

③事業所の情報を入力する

マイビジネスのダッシュボードから「情報」タブをクリックして、事業所の情報を入力します。事業所名、住所、電話番号、営業時間、ウェブサイトなどの情報を入力することができます。

 

④Googleマップでの表示設定を行う

「マップ」タブをクリックして、Googleマップでの表示設定を行います。事業所の場所をGoogleマップ上に表示するかどうか、表示する場合はどのように表示するかを設定することができます。

 

⑤事業所をGoogleマップに公開する

最後に、入力した情報を確認し、公開するかどうかを決定します。公開する場合は、登録した情報をGoogleマップに公開するには、Googleマイビジネスの「確認」ボタンをクリックします。

 

【修正も可能】

Googleマップに登録する場合、上記の手順に従って自己登録することができますが、すでに登録されている場合は、その情報を修正することもできます。また、事業所の所有者や管理者でない場合でも、事業所情報を提供することができますが、Googleが提供する認証プロセスを通過する必要があります。

 

Web広告などはどうしても費用はかかりますが、Googleマップは無料で店舗情報を掲載できますので、集客の費用対効果は抜群ですね。

Googleマップに表示されない?!

新しい建物や施設はGoogleマップに表示されないことがあります。Googleマップは、Googleの地図データベースをベースにしていますが、建物や施設の情報はリアルタイムで更新されるわけではありません。そのため、以下のような場合に新しい建物がGoogleマップに表示されないことがあります。

 

【データの更新遅れ】

Googleマップのデータは、Googleが定期的に更新していますが、新しい建物や施設が追加された直後は、データの更新が反映されていない可能性があります。特に開発が急速に進む地域では、新しい情報を反映させるまでに時間がかかることがあります。

 

【不確実な情報】

新しい建物の情報が不正確であったり、確認されていない場合、Googleマップに表示されないことがあります。Googleは情報の正確性を重視しているため、確認された情報のみを反映させる傾向があります。

 

【インフラストラクチャーの未整備】

一部の地域では、インフラストラクチャーや地図データの整備が不十分な場合があります。このような地域では、新しい建物や施設が正確に表示されないことがあります。

 

【Googleマップへの登録が必要】

新しい建物やビジネスがGoogleマップに表示されるためには、Google My Businessなどのサービスに登録する必要があります。登録を行わないと、情報がGoogleマップに反映されないことがあります。

 

したがって、新しい建物や施設がGoogleマップに表示されるまでには、時間と情報の正確性を考慮する必要があります。もし新しい建物の情報を追加したい場合は、Google My Businessなどの公式サービスを利用して登録することが重要です。

お気軽にお問い合わせください

投稿者プロフィール

株式会社イエスリフォーム 代表取締役 齋藤直樹
株式会社イエスリフォーム 代表取締役 齋藤直樹
SNSも更新しています!ぜひご覧ください!

ホームページ制作・運営からWEBデザイン、ウェブサイト企画作成
ウェブコンシェル

〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1

TEL:0120-16-1244
受付時間:月~金 9:00~18:00

関連記事

CONTACT

どうぞお気軽にご相談ください!

オンライン見積り

CONTACT

お気軽にお問い合わせください!

0120-16-1244 営業時間 9:00~18:00
業界特化型ホームページ制作
200社近くの建設業者様のウェブサイトを制作!建設業界で実践したWEB集客を惜しみなくご提供いたします!
プロカメラマン出張撮影
採用情報
株式会社イエスリフォーム
PAGE TOP