お問い合わせ

ウェブコンシェル WEB CONCIER

株式会社 イエスリフォーム
東京都中央区日本橋小伝馬町20-3
NOGUCHI BUILDING 3F

tel:0120-16-1244fax:03-6667-0782

新着情報

新着情報

Googleサーチコンソールを導入して効果的なホームページに改善していきましょう!

2019.10.03 15:55 カテゴリ: ホームページコラム

◇ Googleサーチコンソールを導入して効果的なホームページに改善していきましょう! 

 

 

 

Googleサーチコンソールとは、Google が提供する、ホームページの掲載順位やパフォーマンスを監視・管理することができる無料サービスです。

ホームページが「どのような検索ワードで」「どれくらい表示され」「どれくらいクリックされたか」が分かります。

ホームページの成果を出すためには、ホームページの現状や、問題点をしっかり把握することが必要です。

問題点を改善すれば、Google検索結果でホームページの注目度を高めることができます。

ホームページをお持ちなら、必ず導入しておいた方が良いツールと言っても良いでしょう。

 

目次

1 まずはGoogleサーチコンソールの導入をしましょう!

 

2 Googleサーチコンソールで、できること・わかること

 

3 まとめ

 

 

1 まずはGoogleサーチコンソールの導入をしましょう!

 

 

 

 

Google Search Consoleの登録方法はむずかしくありません。
以下の手順に従って、登録してみましょう。

 

①Googleアカウントを取得する (すでにGoogleアカウントを持っている場合は、②に進みます。)

Googleアカウントの作成ページにアクセスし、「名前」「ユーザー名」「パスワード」「生年月日」「性別」「携帯電話」「メールアドレス」「国/地域」を入力・選択してから「次のステップ」ボタンをクリックします。

 

② Google Search Consoleにログイン

先ほど作成したGoogleアカウントでGoogle Search Consoleにログインします。

 

③ プロパティの追加

登録したいWebサイトのURLを入力し、「プロパティを追加」をクリックします。

 

④タグを埋め込みする

「別の方法」を選択し、HTMLタグにチェックを入れます。

コードをコピーして、サイト内の<head>タグに埋め込みます。

 

⑤設定完了!

アップロードが完了したら「確認」をクリックしましょう。

「所有権が認証されました」と表示されれば登録は完了となります。

 

 

具体的にGoogleサーチコンソールでできること・わかることを次項でご紹介していきます!

 

 

 

 

 👉制作事例はこちらをクリック

  

 

 

2 Googleサーチコンソールで、できること・わかること

 

 

Googleサーチコンソールを使うと何ができるのか?どのようなことがわかるのか?

Googleサーチコンソールを利用するうえで、是非おさえてほしい機能をご紹介します。

 

 

「検索パフォーマンス」 自分のWebページが検索結果画面に表示されたキーワードがわかる

検索パフォーマンスでは、ユーザーが検索しているキーワードがわかります。

どんなキーワードで検索されているのかがわかれば、どういうキーワードでコンテンツを作っていくべきか?などにのヒントになります。

 

 

「URL検査ツール」 コンテンツを更新したことを確実にクローラーに伝える

クローラーとは、インターネット上を巡回して、Webサイト・画像などのコンテンツデータを収集・保存するプログラムのことです。

せっかく、ホームページにコンテンツをアップしたり更新してもGoogleのクローラーがそのページを認識しなければ意味がありません。

確実にクローラーにページの存在を確認してもらうためにはGoogleサーチコンソールから設定する必要があります。

 

 

「カバレッジ」 クロールで取得できなかったページをエラー表示する

クロールとは、クローラーがサイトを巡回し、各サイトの情報を収集することです。

そのため、クロールエラーのデータを確認し、エラーがあるページをクローラーがデータを取得できるように対応することで、ページが検索されるように改善することができます。

 

 

「手動による対策」 ペナルティを確認できる

ペナルティとは、Googleが設定しているガイドラインに違反した場合、検索ページに上位表示されなくなることです。

サーチコンソールの「手動による対策」ではペナルティに該当するページと内容を把握することができます。

もしも、サイトのページが急に表示されなくなったり、掲載順位が落ちたりした場合はペナルティを受けていることも考えられるので、確認してみてください。

また、新しいサーチコンソールでは、ペナルティに対する審査のリクエストや、「手動による対策」をおこなった履歴も表示されるため、サイト改善の見直しにも役立ちます。

 

 

「サイトマップ」 Webサイトの構造を把握する

サイトマップとは、Webサイトの構成を示すものです。

サイトマップをサーチコンソールから定期的に送信しておくと、ページ数が多くても、クローラーがサイトの更新を認識しやすくなります。

 

 

 

 👉制作事例はこちらをクリック

 

 

 

3 まとめ

 

 

サーチコンソールの導入やできることやわかることをご紹介しました。

GoogleサーチコンソールはGoogleアナリティクスと同じく、ホームページの分析、SEO対策に必須のツールです。

無料で登録、使用できますので、ぜひ導入してください!

効果的なコンテンツに改善して、ホームページを育てていきましょう。

 

 

 

 👉制作事例はこちらをクリック

   

 

 

 

  • ホームページ制作・運営からWEBデザイン、ウェブサイト企画作成
  • ウェブコンシェル
  • TEL:0120-16-1244
  • 〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町20-3 NOGUCHI BUILDING 3F
  • 受付時間:月~金 9:00~18:00

ごあいさつ 代表取締役 齋藤直樹

COMPANY 会社概要

株式会社 イエスリフォーム
WEBコンシェル事業部
〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町20-3
NOGUCHI BUILDING 3F
TEL: 03-6661-1244
■営業時間 9:00~18:00
PAGE TOP