お問い合わせ

ウェブコンシェル WEB CONCIER

株式会社 イエスリフォーム
東京都中央区日本橋小伝馬町20-3
NOGUCHI BUILDING 3F

tel:0120-16-1244fax:03-6667-0782

新着情報

新着情報

見積り項目にある「ディレクション」ってどんな作業内容なの??

2019.06.14 12:34 カテゴリ: ホームページコラム

 

◇ 見積り項目にある「ディレクション」ってどんな作業内容なの?? 

 

 

ホームページ制作会社に見積り依頼をした時に、見積り項目に聞きなれない項目があるかと思います。

その中で今回は「ディレクション費用」について掘り下げていきたいと思います。

はたしてディレクションとは?どんな作業内容なのか?

簡単にご説明いたします!

 

 

 

 

1 ホームページ制作の立役者 ディレクター

 

 

 

 

ディレクションというお仕事を担うのが「ディレクター」と呼ばれる人たちです。

 

お客様との打ち合わせから、希望・要望を聞き出し、ホームページサイトの構成案を作り、制作スタッフへ下して今後のスケジュールの管理を行います。

ホームページ制作におけるディレクターはいわばホームページ制作における「司令塔」になります。

ホームページ作成の「方向性」を決め、制作スタッフに的確な「指示」を出し、ホームページが完成するまで、中心となって「指揮」をします。

お客様の要望を聞いて、競合サイトや成功事例などを調査し、こんなサイトを作ったらどうでしょうという企画書を作成し、具体的にどういうホームページを作るのか構成案や、ワイヤーフレームを書き、進捗を管理し、納品物をチェックしてお客様へ提出をする・・そんなお仕事の事をディレクションと呼びます。

このディレクターの指示がしっかりしていないと、ホームページ作成が迷走してしまうのですね。

 

 

 

 👉制作事例はこちらをクリック

  

 

 

2 ディレクターのお仕事/「ディレクション」とは?

 

 

 

 

ホームページ作成の要となるディレクションですが、具体的にはどんなことをしているのでしょうか?

 

 

◎ なぜホームページを作りたいのか?(目的を明確にする)

 

お客様の「なぜホームページを作りたいのか?」を掘り下げてお伺いします。

・名刺代わりになるような簡単なサイトが欲しい

・店舗移転をするのでお店と商品を知ってもらいたい

・ホームページはもっているけど、素人が作ったものなのでリニューアルしたい

・地域に情報の発信をしていきたい

・もっているホームページのデザインがダサい。オシャレにリニューアルしたい。

などなどご希望は様々です。

ホームページを作成するにあたっての目指すゴールをお客様と制作会社との間できちんと明確にしてから作成に入ります。

 

 

 

◎ターゲットを明確にしていく

 

ユーザー層によってホームページの内容は変わってきます。

例えば「求人」であっても、「新卒者向け」と、「中途採用者向け」ではユーザーの求めるコンテンツは違ってきます。

新卒者向けには「先輩のインタビュー」や、「一日の仕事の流れ」などを紹介するページがあるとよいですし、中途採用者向けには「待遇」や「福利厚生」「生かせるスキル」など、働いた後のやりがいを感じさせるコンテンツが必要になるでしょう。

 

 

◎ 資料作成(構成案、ワイヤーフレームなど)をする

 

ワイヤーフレームとはホームページの構成案をお客様とデザイナーに伝えることが目的となります。

わかりやすく伝えるために、メインビジュアル画面に四角を配置し「写真が入ります」など説明を入れます。

もっとイメージがつきやすくするため、ダミーの写真をいれたりすることもあります。

ベースにする参考サイトやコーポレートカラーなどを揃えていきます。

 

 

◎スケジュールの進行、工数管理など

 

お客様からの希望をお伺いして、公開想定日に合わせて余裕をもってスケジュールを組んでいきます。

「広告配信日」や「メディアに掲載する予定」などがあれば、さらに公開スケジュールの重要性は高くなります。

何をいつまでに用意する・・などの工程管理や、スケジュール管理はディレクターの大切な仕事になります。

 

 

などなどが主なディレクターのお仕事内容になります。

「ディレクション費用ってなに?」と疑問に思っていた方も、少しご理解いただけましたでしょうか?

お客様からの要望を余すことなく汲み取り、具体的に制作チームに伝え、スケジュールを管理しながら公開・納品までを管理するのが「ディレクション」です。

 

 

 

 👉制作事例はこちらをクリック

 

 

 

3 他にも気になる!!「コーディング」「レスポンシブ」とは??

 

 

 

◎ コーディング費用

 

見積りの中の聞きなれない言葉に「コーディング費用」というのもあります。

コーディングとは、【HTML/CSS】を使ってWEBページを作成することをいいます。

もっとかみ砕いてご説明すると、デザインした見た目通りになるようにコードを記述して、ブラウザで表示できる状態にすることをいいます。

 

 

◎ スマートフォン(レスポンシブ)対応

 

PCやスマートフォン、タブレットなど・・どの環境でみても崩れてなく、見やすいホームページにするためにはレスポンシブ対応が必要です。

魅力あるコンテンツが揃っていても、見にくいサイトではユーザーはすぐ離脱してしまいますので、レスポンシブ対応は必須です!!

 

 

用語を知っていると、制作会社から見積もりをもらった時に、内容が分かって安心ですよね。

中にはディレクション費用などを見積りに記載していない制作会社もあるそうですので、疑問があるときは確認をしましょう。

 

 

 

 

 👉制作事例はこちらをクリック

   

 

 

 

  • ホームページ制作・運営からWEBデザイン、ウェブサイト企画作成
  • ウェブコンシェル
  • TEL:0120-16-1244
  • 〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町20-3 NOGUCHI BUILDING 3F
  • 受付時間:月~金 9:00~18:00

ごあいさつ 代表取締役 齋藤直樹

COMPANY 会社概要

株式会社 イエスリフォーム
WEBコンシェル事業部
〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町20-3
NOGUCHI BUILDING 3F
TEL: 03-6661-1244
■営業時間 9:00~18:00
PAGE TOP