株式会社イエスリフォーム 〒103-0005 東京都中央区日本橋久松町13-1

業界特化型のホームページ制作・運営ならウェブコンシェル
業界特化型のホームページ制作・運営ならウェブコンシェル

コラム
  • コラム
  • 医療機関の皆さまへオンライン診療をご提案

COLUMNコラム

医療機関の皆さまへオンライン診療をご提案

  • 2020.05.22
  • その他

医療従事者の皆さま、最前線で未知のウイルスに立ち向かって、
私たちの命を守るためにお仕事していただき、本当にありがとうございます。

今年になってから、患者数も急激に増え、医療崩壊が危惧されております。
医療機関の皆さまは、毎日緊張の連続と思います。

検査が追いつかない。
有効な治療薬やワクチンがない。
マスクや防護服が不足している。
院内感染が発生したら大変。
診断が難しい。
偽陽性・偽陰性が出たらどうしよう。
など、不安は絶えませんよね?

医療従事者の皆さまの感染リスクを抑えるには、
患者様と接触しないことが一番ですが、
まずは非対面のオンライン診療を始めてみませんか?

オンライン診療とは?

オンライン診療とは、スマートフォンやパソコン・タブレットなどを用いて、

病院の予約から決済までをインターネット上で行う診察・治療方法です。


病院に足を運び、診察してもらう方法を「対面診療」と呼びますが、

ビデオ通話のように情報通信機器を通して診察する方法を

「オンライン診療」と呼びます。


これまでオンライン診療は、初診は対象外で、再診の患者様のみ適用されて

いましたが、※4月10日付で初診のオンライン診療が解禁されました

https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kisei/meeting/committee/20200407/agenda.html

●初診からの受診もオンラインOK

●電話でもOK

●診断メニューは何でもOK

●保険診療も自由診療もOK

(※ただし、新型コロナウイルスによる感染防止のための、

時限的措置で事態が収束すれば終了)


医療機関様のメリットは、患者様とは接触いたしませんので、

感染リスクは一切ありません。

また、待合室のソーシャルディスタンスを気にする必要もありません。


患者様のメリットは、自宅や外出先で診察が受けられ、

受付の待ち時間が短縮される。

また、会計はクレジットカードでスムーズに決済できる。

薬または処方箋が自宅に届くため、遠方のクリニックでも受診できる。

などが挙げられます。


ただし、オンライン診療は、すべての病気・症状で受けられるわけではありません。

基本的には、継続的な治療が必要となる慢性的な疾患が適応となります。

例えば、結核、悪性新生物、甲状腺障害、糖尿病、高血圧、不整脈、

心不全、ぜんそく、胃潰瘍、慢性肝疾患などです。

導入方法は?

オンライン診療のサイトが多数ありますが、いくつかご紹介いたします。

【アイメッド】https://ai-med.jp/

・日本最大級の医療検索サイト

・初期導入費用、サポート費用、※月額費用0円(※2020年12月まで)


【CLINICS】https://clinics-cloud.com/

・導入実績No1のオンライン診療システム

・5年契約で月額40,000円


【オンライン診療ポケットドクター】https://www.pocketdoctor.jp/

・業界トップクラスのMRT

・月額30,000円(2ヶ月無料プランあり)


導入は、すべてサイト内よりメールで問い合わせる方法です。

オンライン診療開始を丁寧にサポートしてくれ、安心です。


『届け出方法』

オンライン診療を診療科目として開始するには、

「基本診療料の施設基準等に係る届出書」を提出し、承認される必要があります。


『届け出先』

届出は、保険医療機関が所在する都県を管轄する事務所に、1部提出します。

(保険医療機関において写しを適切に保管する必要があります。)

事務処理後に受理通知書が送付されます。


『届け出の締め切り』

“各月の末日までに要件審査を終え、届出を受理した場合は、

翌月の1日から当該届出に係る診療報酬を算定する。”*とされています。

(例) 5月1日受付→5月1日から算定可能。5月2日受付→6月1日から算定可能。


『保険請求』(オンライン診療の診療報酬)2020年3月現在

①オンライン診療料(71点)

オンライン診療実施月に算定(患者さんへの請求も当日可能)


②オンライン医学管理料(100点)

次回の対面診療実施月に算定(患者さんへの請求は対面時に合算)


③オンライン在宅管理料 100点 (3ヶ月連続は不可)

https://www.integrity-healthcare.co.jp/application/files/8315/8443/5713/guide_200317.pdf#page=2

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000188411_00027.html

通院もホームページから予約

オンライン診療では、問診のみになるため、検査や触診を実施する場合は、

通院が必要となります。


その通院も、クリニックのホームページから予約ができれば、

病院内の混雑も避けられます。


すでにある、ホームページに予約システムを追加しませんか?

ホームページから予約が入ることは、メリットしかありません。

・予約カレンダーの設置。

・事前に症状がわかり、診察時間短縮になる。

・必要な検査や薬の準備が事前にできる。

・予約の空き枠を予約システムが自動で管理。

・患者様への予約確認やリマインドメールなども自動で配信。


導入に当たって大切なことは、自社クリニックにとって最適かつ必要十分な

機能の予約システムを採用することです。


ほとんどの患者様は、スマートフォンで情報を検索します。

そのようなスマホユーザーを意識することも重要です。


予約システムは、無料から有料まで様々なタイプが存在します。

ウェブコンシェルでは、予算感に応じた予約システムをご提案いたします。

ホームページリニューアルの際に、ぜひ予約システムを追加しましょう。

ホームページ制作・運営からWEBデザイン、ウェブサイト企画作成
ウェブコンシェル

〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1

TEL:0120-16-1244
受付時間:月~金 9:00~18:00

関連記事

CONTACT

どうぞお気軽にご相談ください!

PAGE TOP