株式会社イエスリフォーム 〒103-0005 東京都中央区日本橋久松町13-1

業界特化型のホームページ制作・運営ならウェブコンシェル
業界特化型のホームページ制作・運営ならウェブコンシェル

コラム
  • コラム
  • ホームページリニューアルのタイミングはいつ?

COLUMNコラム

ホームページリニューアルのタイミングはいつ?

  • 2020.09.01
  • ホームページ制作

「ホームページのデザインが古くさいなぁ」
「今の時代に合っていないなぁ」
「気づけば、ずいぶん放置されているなぁ」などと、思っていませんか?

ホームページリニューアルしたいけど、費用はそれなりにかかるし、
稟議が通るかどうか・・・。
目安となる「ホームページリニューアルのタイミング」があれば上司に相談しやすい
んだけどなぁ・・・。

今回は、そんなお悩みを持つサラリーマンに役立つ、一般的なホームページ
リニューアルのタイミングをご紹介いたします。

ホームページリニューアルのタイミングは?

一般的にホームページのデザインは、2~3年でトレンドが変わるといわれています。

でも、2~3年って早いですよね?

 

現在のホームページに満足しているなら、急いでリニューアルを検討する必要はない

と思いますが、「何かしらの不満」を感じているなら、思い切ってリニューアルを

考えましょう。

 

また、次に挙げる項目に当てはまる場合も、リニューアル要検討ですね。

 

【スマートフォン対応になっていない】

年々スマートフォンの普及率が増加するにつれ、Webサイトのアクセスも

スマートフォン経由の割合が増えています。

 

スマートフォン対応になっていないと、たくさんのお客様を逃がしているかも

しれませんよ。

 

【サーバーの利用期限が近づいている】

Webサイトを設置しているレンタルサーバーの契約期間がある場合や、

サーバーの移管が必要になった場合など、サイト全体を見直すきっかけになることが

多いです。

 

【有能な人材が来ない】

就職希望者は企業情報を得るために、必ずホームページを訪問します。

自分がいきいき働けるイメージが持てないと、マイナスイメージを与えて逆効果に

なってしまいます。

 

【分析したい】

Webサイトをユーザーが閲覧した際に得られる情報を記録し、滞在時間やどのような

キーワードで検索したかなどアクセス解析ができますが、10年ほど前では

「Google Analytics」などの解析ツールが、まだ普及していませんでした。

 

【その他】

・会社の創立記念

・社名やロゴが変わるとき

・社運を賭けた新商品の宣伝をしたいとき・・・

 

リニューアルで失敗しないための注意点

リニューアルしたことで「こんなはずではなかった」と後悔しないためにも、

ポイントを押さえて以下の点についてチェックしましょう。

 

【目的を決める】

なぜホームページをリニューアルするのか、既存サイトの問題点を洗い出し、

リニューアル後のホームページをどのように活用していくのかを明確にします。

 

【ドメイン(URL)を引き継げるか?】

ドメイン(URL)が変わると、アクセス数の減少や取引先への連絡が必要になるなど、

何かと大変です。

 

ドメインの所有権が制作会社にある場合は、引き継げないことがあります。

新しいドメインを取得する場合には、自社で管理できるサービスを利用しましょう。

 

【アクセス数が減らないか?】

せっかくリニューアルしたのに、アクセス数が減少しては意味がありませんので、

できる限りURLを変更しないことをおすすめいたします。

 

まっさらな状態からホームページを作るわけではないにもかかわらず、

ホームページリニューアルは意外に時間とエネルギーがかかります。

 

面倒でも、具体的なリニューアルのゴールを設定し、その方向に正しく向かっている

チェックしましょう。

 

制作会社に依頼したまま関与しないでいると、万が一最初に決めた路線から

逸脱していても気づかず、納品されてしまいます。

 

・トップページデザインができたら確認する。

・下層ページができたら確認する。

などと、細かくチェックをすることで、同じ方向・ゴールに向かえます。

費用はいくらくらい?

もし実際にホームページリニューアルを制作会社へ依頼すると、相場はいくらくらい

でしょうか?

 

【相場】

リニューアルする仕様やページ数、システム導入の有無などによって相場は変動

しますが、30万円~100万円くらいの相場が多いでしょう。

 

また、制作会社でも外注制作をしているところがあります。

つまり、下請けに完全(一部の場合もあり)に任せているケースです。

 

その場合は、通常の相場に、マージンが15%程度計上されます。

もちろん、見積書には外注費は記載しないため、それぞれの項目単価が少しずつ

上乗せされています。

 

【企画書作成ポイント】

ホームページリニューアルの企画書を作成する場合は、最低限必要な情報を

記載しましょう。

①概算見積もり

②概算納期

③ワイヤーフレームなどのデザインイメージ

④制作会社の制作実績

 

【専門用語】

ホームページ制作は、専門的なカタカナ用語が非常に多いです。

事前に用語集も作成すると、評価UP間違いなしです!

 

ホームページは、作って終わりではありません。

その後もメンテナンスなどで、付き合いは続いていくのです。

 

ある程度イメージできた段階で、制作会社と対面商談をし、相性の良い会社、

相性の良い担当者かということを見極めましょう。

どんなにデジタル化が進んでも、やっぱり人と人のコミュニケーションって

重要ですよね!

お気軽にお問い合わせください

ホームページ制作・運営からWEBデザイン、ウェブサイト企画作成
ウェブコンシェル

〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1

TEL:0120-16-1244
受付時間:月~金 9:00~18:00

関連記事

CONTACT

どうぞお気軽にご相談ください!

オンライン見積り

CONTACT

お気軽にお問い合わせください!

0120-16-1244 営業時間 9:00~18:00
業界特化型ホームページ制作
200社近くの建設業者様のウェブサイトを制作!建設業界で実践したWEB集客を惜しみなくご提供いたします!
デイサービス専門のホームページ制作はじめました!
プロカメラマン出張撮影
採用情報
株式会社イエスリフォーム
PAGE TOP