株式会社イエスリフォーム 〒103-0005 東京都中央区日本橋久松町13-1

業界特化型のホームページ制作・運営ならウェブコンシェル
業界特化型のホームページ制作・運営ならウェブコンシェル

コラム
  • コラム
  • ホームページの更新は内製派?外注派?

COLUMNコラム

ホームページの更新は内製派?外注派?

  • 2020.10.28
  • ホームページ改善

ホームページをやっとの思いで作り上げ、ホッと一息ついたころに、更新作業という
次の課題がやってまいります。

更新作業は、ホームページ制作を依頼する段階で事前に「自社で更新する」のか、
「制作会社に依頼する」のか決めておくのがほとんどですが、のちほど変更することも可能です。

「自社で更新する」つもりだったが、Web知識のある社員が異動や退職したため、「制作会社に依頼する」。
または、「制作会社に依頼する」つもりだったが、月額サポート費用を削減したいため、「自社で更新する」に変更など、それぞれ事情は様々です。

今回は、そもそもホームページの更新って何?や、それぞれのメリットなどご紹介いたします。

ホームページ更新の必要性とは?

ホームページは作ったら終わりではありません。

日々の更新を対応していかなければ、開設時の良好な状態を維持していくことは

できないのです。

 

では、なぜホームページ更新が必要なのか・・・。

いくつか例を挙げてご紹介いたします。

 

【更新があるとお客様は安心する】

例えば、1年以上も更新されていないホームページを見ると、「もうサービスは終了

したのかな?」と、お客様は不安になります。

 

その結果、アクセスを獲得してもすぐに離脱する。

お客様が集まらなくなるという負の連鎖に陥ります。

 

【定期的にチェックしてくれる人が増える】

 人は基本的に何も変わっていないページに何度もアクセスすることはありません。

人気のブロガーやユーチューバーは、頻繁に更新してアクセス数を稼いでいます。

 

【記事が増えるとSEO対策になる】

更新頻度とSEOは無関係と言われていますが、頻繁に更新することによって

コンテンツ量が増えるため、SEO対策に有利となる可能性が高いです。

検索順位の上位を占めることができれば、集客や収益UPが見込めます。

 

上記の理由から、多くの方に何度も閲覧してもらうためにも、更新をすることは

とても大切だということがわかりますね。

更新するコンテンツはどこ?

次に、更新するコンテンツはどこでしょうか。

いくつか抜粋してご紹介いたします。

 

1.新着情報     休業日のご案内など

2.ビジネスコラム  業界ならではのお役立ち情報など

3.制作実績     新規制作物を追加など

4.よくある質問   新しい質問を追加など

5.お客様の声    お客様の感想を追加など

6.採用情報     求人内容や募集要項など

 

こんなに更新するコンテンツがあるんですね。

 

書籍や冊子は出版されると終わりですが、ホームページは一度作って終わりと

いうものではありません。

作ってリリースした後に、効果の分析や検証をくり返してブラッシュアップしていく

ことが必要です。

 

そのため、お客様からのお問い合わせ内容、制作事例、制作実績などは、

日頃から保存し、ネタとしてまとめておくと良いでしょう。

 

SEOを意識する】

ただ単に更新していても成果が出ない場合があります。

 

特に、Google検索エンジンは、サイトの更新性やコンテンツの拡張性が検索順位を

決める要因として重要視しています。

 

効率よく効果的なコンテンツ制作を行う場合は、上位表示させたいキーワードに

沿った作成が大切です。

 

【注意点】

知識のない方が更新すると、デザインが崩れてしまうなどのトラブルをよく耳に

します。

テキストのまとめ方や、改行位置など意外に気を遣います。

 

トラブル回避のため、必ずバックアップを取りましょう。

万が一、デザインが崩れたり、データが消去されてもその前に戻すことができるので、安心です。

メリット・デメリット

最後に、内製した場合と、外注した場合のメリットやデメリットをご紹介いたします。

 

内製(インソーシング)した場合

【メリット】

●費用がかからない。

元からWeb知識のある社員がいれば、その人件費内で収まる

 

●社員の育成につながる。

継続的に内製を進めることで、技術やノウハウが社内に蓄積される。

 

●機密情報の流出を防げる。

社外にデータが出ないため、機密情報や個人情報などの流出を防ぐことができる。

 

●スピーディーな解決ができる。

内製はすべて社内で賄えるため、スピーディーに進めることができる

 

【デメリット】

Web知識が必要。

Photoshopillustrator、ライティングスキルなどが必要となる。

 

●担当者が人事異動になる可能性がある。

任せきりだった担当が人事異動になると、更新が滞る原因になる。

 

外注(アウトソーシング)した場合

【メリット】

●人手不足でも社員をコア業務に配置できる。

社員を無理に教育する必要がなくなり、人材を適した部署に配属することができる。

 

●優秀な人材を確保する手間が省ける。

Web知識を有する求人は不要となり、人件費が削減できる

 

●管理をすべて任せられる。

サーバーメンテナンスなどすべて一括依頼ができるため、安心できる。

 

●高い専門性が期待できる。

高いクオリティが得られ、また維持できる。

 

【デメリット】

●費用がかかる。

外注すると費用が嵩むことが、一番のデメリット。

 

●納期がかかる。

外注先のスケジュールで動くため、希望するタイミングで更新されないときがある。

 

●こちらの意図を理解してもらえない場合がある。

意識のすり合わせがうまく行えず、外注先とのやり取りに手こずることがある

 

内製も外注も一長一短です。

元からすべての管理・更新を外注するも良し、内容によって内製と外注を使い分けるのも良し。

これを機会に更新作業を見直してはいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせください

ホームページ制作・運営からWEBデザイン、ウェブサイト企画作成
ウェブコンシェル

〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1

TEL:0120-16-1244
受付時間:月~金 9:00~18:00

関連記事

CONTACT

どうぞお気軽にご相談ください!

オンライン見積り

CONTACT

お気軽にお問い合わせください!

0120-16-1244 営業時間 9:00~18:00
業界特化型ホームページ制作
200社近くの建設業者様のウェブサイトを制作!建設業界で実践したWEB集客を惜しみなくご提供いたします!
デイサービス専門のホームページ制作はじめました!
プロカメラマン出張撮影
採用情報
株式会社イエスリフォーム
PAGE TOP