株式会社イエスリフォーム 〒103-0005 東京都中央区日本橋久松町13-1

業界特化型のホームページ制作・運営ならウェブコンシェル
業界特化型のホームページ制作・運営ならウェブコンシェル

コラム
  • コラム
  • バナー制作の相場はいくら?

COLUMNコラム

バナー制作の相場はいくら?

  • 2022.03.31
  • ホームページ制作

Web制作をする際に必要なことのひとつが『バナー制作』です。
「デザイナーがいれば簡単に作れるでしょ」と思われがちですが、意外にバナー制作は簡単な作業ではありません。

思わずクリックしたくなるようなバナーを作るためには、魅力的なデザインや訴求力のあるコピーライティングも必要です。

そもそもバナー制作依頼をすると、いくらくらいかかるのか?
今回はバナー制作の相場についてご紹介いたします。

バナー制作とは

バナー(Banner)は、そのまま訳すと「旗」や「のぼり」という意味です。

インターネットの世界でバナーといえば、他サイトや他ページを紹介する役割をもつリンク付き画像のことを指します。

 

ユーザーにひと目で「その先に書いてあることを見たい」と思わせることが重要です。

 

少し前は横長のバナーが主流でしたが、現在では、正方形や縦長のものなど、実に多様になってきており、それらもすべてバナーと呼んでいます。

 

【キャッチコピー】

デザインもさることながら、思わずクリックしたくなるようなキャッチコピーも必要不可欠です。

人間がひと目ですぐに理解できる文字数は913文字程度と考えられていて、キャッチコピーも短い方が有利です。

 

【バナーデザインのコツ】

・余白をしっかりとる

・背景と文字にコントラストをつける

・写真を全面に出す

・クリックを誘導するデザインを入れる

バナー制作費用の相場

バナー制作の料金相場は、種類やサイズによって変わります。静止画像やアニメーションがあるバナーも存在します。

 

アニメーションバナーを使う場合はユーザーの目を惹くため効果的ですが、作成工数が増えるため料金は高くなる傾向にあります。また特定の対象物の撮影が必要な場合、人件費や工数が増えるため費用が高くなりやすいです。

 

また、バナーサイズもさまざまあり、バナーはサイズが大きいほどユーザーの目に留まりやすいですが、小さなサイズのバナーよりも制作費用がかかります。

 

■静止画バナー:3,0005,000円程度

もっとも一般的に活用され、適用範囲も広いのが「静止画バナー」です。文字通り「静止」した画像であるため、一瞬でユーザーの目を惹いて内容を理解させるようなデザイン力がカギです。Web広告で静止画バナーを使う場合、サイズを国際標準に準拠させる必要がありますが、どんなサイズにも適応できる柔軟性の高さがあるため、複数サイズのバナーを大量に制作したい場合に向いています。

 

GIFアニメーションバナー:1万円前後

複数のGIFイメージをパラパラマンガのように並べ、アニメーションとして表現したバナーが「GIFアニメーションバナー」です。複数のイメージを使ってバナー制作するため、静止画バナーよりも高額になる傾向がありますが、動きでアピールポイントを表現できるため、サイズの比較的小さいバナーでもユーザーの目を惹きやすいのがポイントです。小さな広告スペースでも目立つバナーを設置したいニーズに最適です。

 

Flashアニメーションバナー:2万円前後

Adobe Flashを使うことで、GIFアニメーションバナーよりも滑らかな動きを表現したバナーが「Flashアニメーションバナー」です。動画広告に近い訴求力を得られるのが最大のメリットですが、Flash再生できる環境がなければ視聴できません。またFlashのサポートが終了した現在では、入稿を受付けるサイトもほとんどありません。

 

■ボタンリンクバナー:1,000円~

ボタンリンクバナーとは、CV(コンバージョン)に向けたユーザーアクションを促すためのバナーのことです。具体的には「今すぐチェック」や「詳細はこちら」など、より多くの情報を得たり次のアクションに移るためのフレーズが記載されているバナーが該当します。

費用を抑えるコツ

バナー制作の費用を抑えるコツは、大きく分けて3つあります。

 

①必要な素材はあらかじめ用意する

バナー制作に必要な素材を発注者側が用意することで、費用を抑えられます。

 

自社商品の写真や使いたい素材など、自社で用意できるものを用意していくと、余計な素材や撮影費を払わずに済みます。

 

また、バナーに掲載する文面の原稿についても自社で前もって作成することで、費用を抑えられます。

 

②デザインを考えておく

デザインをあらかじめ考えておくことで、費用を抑えられます。

 

すべてのデザイン案をバナー制作会社に一任すると、デザイン制作費用がそれだけ高くなります。一方で、あらかじめ方向性やキャッチコピーなどを決めておくとその分依頼する工数が減るため、費用削減につながります。

 

さらにデザイン企画を内製できると、自社と制作会社のデザイナー間で認識のずれが起こるのを防げます。

 

③納期に余裕を持たせる

発注してから納品までの納期に余裕を持たせることで、見積もり費用を抑えられます。

 

納期が長いほど制作会社は無理なく仕事を進められ、短納期のスピード作業よりも負担が減ります。急ぎで依頼すると、特急料金など発生する可能性もあります。

 

ウェブコンシェルでは、バナー制作も承っております。

社内にデザイナーもおり外注費が発生しないため、お安くご提供いたします。

何から手を付けていいかわからないなどお困りごとがあれば、いちからご相談に乗りますので、まずはお問い合わせください。

ご連絡お待ちしております。

お気軽にお問い合わせください

ホームページ制作・運営からWEBデザイン、ウェブサイト企画作成
ウェブコンシェル

〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1

TEL:0120-16-1244
受付時間:月~金 9:00~18:00

関連記事

CONTACT

どうぞお気軽にご相談ください!

オンライン見積り

CONTACT

お気軽にお問い合わせください!

0120-16-1244 営業時間 9:00~18:00
業界特化型ホームページ制作
200社近くの建設業者様のウェブサイトを制作!建設業界で実践したWEB集客を惜しみなくご提供いたします!
プロカメラマン出張撮影
採用情報
株式会社イエスリフォーム
PAGE TOP