株式会社イエスリフォーム 〒103-0005 東京都中央区日本橋久松町13-1

業界特化型のホームページ制作・運営ならウェブコンシェル
業界特化型のホームページ制作・運営ならウェブコンシェル

コラム
  • コラム
  • コラム作成時の必須アイテムをご紹介

COLUMNコラム

コラム作成時の必須アイテムをご紹介

  • 2022.11.28
  • その他

ホームページは作って終わりではなく、コラムや新着情報をUPし更新し続けることによって検索順位が上昇していきます。更新頻度はまちまちですが、ウェブコンシェルでは月3回以上を目標にコラム作成をしています。ネタ探しやネタ集めをしてコラムを作成しますが、作成時の必須アイテムが存在します。今回はコラム作成担当の方へ必須アイテムをご紹介いたします。

なぜコラム作成が必要?

ホームページの集客にはコラムの更新が重要ですが、コラムが集客になぜ有効なのかわからず、なかなか手を付けられていない方も多いのではないでしょうか。いくつか理由をご紹介いたします。

 

【検索で上位表示されやすい】

ホームページでYahoo!Googleなどからキーワードを入力し自社のコーポレートサイトに辿り着くには、やはり上位表示されないとそもそもクリックしてもらえません。2019年の調査データによると、Googleで検索結果1位に表示されたサイトのクリック率は約32%で、そのキーワードで検索した人の3人に1人が訪問する計算です。一方、検索結果8位以下に表示されたサイトのクリック率は3%前後と検索結果上位に表示されたサイトとそうでないサイトでは、クリックされる確率に雲泥の差があります。

 

Googleは、ホームページの検索順位を決定する際に、「鮮度の高いコンテンツ(新しい情報)」「インデックス数(Googleのデータベースに登録されているページの数)」「専門性(情報の濃さ)」などの要素を重要視しています。『更新頻度ではなく質の高さ』とはいうものの、更新作業はホームページの内容を充実させるための基礎中の基礎。更新されていないサイトでは、検索エンジンも良い評価は与えられません。

 

【文字数が多くなり上位表示される】

コラムを習慣的に更新していると、必然的にホームページ内の文字数が増えていきます。Googleは「検索順位確定のアルゴリズムでは文字数を判断材料にしていない。」と公言していますが、実際にキーワード検索をした結果上位に表示されているページは情報がふんだんに掲載されていて文字数が多いのです。

Googleには『文字数が多い』=『情報量が充実しているページ』と判断されるようです。

 

【文字数が多いと色々な検索キーワードでヒットする】

さまざまなテーマでたくさんコラムを作っていると、検索キーワード対象の言葉も増えていくため、自社のコーポレートサイトに辿り着く可能性も増えます。

コラム作成時の必須アイテムとは

ここからは実際に私が使用しているコラム作成時のアイテムをご紹介いたします。

 

■文章作成:MicrosoftWord

まず文章は「Word」で作成します。コラムを投稿するソフト(WordPress)に直接入力する方法もありますが、バックアップの意味でもWordで作成しています。文章作成において誤字は論外です。Wordの校正機能はかなり優秀で最終チェックの際にも役立ちます。

 

方法:Wordで作成後に、[校閲]から[スペルチェックと文章校正]を選択すると「フォルダ」と「フォルダー」などの表記のゆれなどをWordが検出してくれます。

 

■文章校正チェック:「so-zou.jp」 URLhttps://so-zou.jp/web-app/text/proofreading/

自分では正しい表現と思っても「誤字脱字」や「ら抜き言葉」の場合があります。校正の仕組みにYahoo!APIを使用しているツール「so-zou.jp」で文章校正チェックができます。

 

方法:Wordで文章完成後にコピーし「so-zou.jp」へ貼り付け[検査]をクリックすると校正結果が表示されます。助詞不足の可能性を指摘されることが多いです。

 

■文字数カウント:「bulletin board」 URLhttp://www1.odn.ne.jp/megukuma/count.htm

先にご案内したとおり、検索結果で上位表示されるためには文字数が重要です。ウェブコンシェルでは1記事につき2,000文字以上を目安にしています。「bulletin board」で文字数のカウントをしています。(Wordの左下にも文字数が表示されます。)

 

方法:Wordで文章完成後にコピーし「bulletin board」へ貼り付け[字数を数える]をクリックすると文字数が表示されます。

 

■コピペチェック:「CopyContentDetector」 URLhttps://ccd.cloud/

せっかく文章が完成しても、あまりにも他サイトと類似点が多いとコピーコンテンツと判断されサイトの評価を下げることになります。「CopyContentDetector」でどれだけ類似点が多いかチェックができます。

 

方法:Wordで文章完成後にコピーし「CopyContentDetector」へ貼り付け[規約に同意してコピペチェックする]をクリックすると一致率が%で表示されます。

 

■画像購入:「Adobe Stock」 URLhttps://stock.adobe.com/jp/

文章のほか画像も重要です。記事を読むかは3秒で判断されると言われています。せっかく自社のコーポレートサイトに辿り着いても記事も読まれずすぐ離脱されては意味がありませんので、インパクトのある画像が必要です。

 

方法:検索欄でキーワードを入力し購入したい画像の[ライセンスを取得]をクリックするとダウンロードされます。(無料素材も豊富です。)

注意事項・まとめ

文字数やコピペチェックなどクリアした後は、いよいよコラムをソフト(WordPress)に投稿しますが、注意する点をご紹介いたします。

 

●非公開の状態でコラムを投稿

投稿中にうっかり公開状態にすると、作業中の段階でネット上に表示されます。必ず『公開状態』を確認しましょう。

 

●文章校正ツールは補助的役割

文章校正ツールを頼り切るのは禁物です。誤字脱字などを指摘されなかったからといって、完全に鵜呑みにしてはいけません。最終的には必ず人の目で文章をチェックしましょう。

 

●更新は頻度を決めて頻繁に

月初の3日間だけ更新し、その後月末まで更新されなければ意味がありません。あらかじめ更新日は『毎月5の付く日』など決めておくといいでしょう。

 

●フレーズが思い浮かばなくても悩まない

いいフレーズが思い浮かばないとずっと悩んでいては時間の無駄です。早めに見切りをつけ、キャッチコピー作成ツールを利用しましょう。

・コピーメカ URLhttps://www.copymecha.com/

・ぽいっとキャッチコピー URL:https://imu-net.jp/

 

コラム作成はSEO対策に大変有効な手段です。1記事仕上げるにも苦労しているとは思いますが、最近は効率よく作成できる便利ツールがたくさんありますので、ぜひお試しください。

お気軽にお問い合わせください

ホームページ制作・運営からWEBデザイン、ウェブサイト企画作成
ウェブコンシェル

〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1

TEL:0120-16-1244
受付時間:月~金 9:00~18:00

関連記事

CONTACT

どうぞお気軽にご相談ください!

オンライン見積り

CONTACT

お気軽にお問い合わせください!

0120-16-1244 営業時間 9:00~18:00
業界特化型ホームページ制作
200社近くの建設業者様のウェブサイトを制作!建設業界で実践したWEB集客を惜しみなくご提供いたします!
プロカメラマン出張撮影
採用情報
株式会社イエスリフォーム
PAGE TOP