株式会社イエスリフォーム 〒103-0005 東京都中央区日本橋久松町13-1

業界特化型のホームページ制作・運営ならウェブコンシェル
業界特化型のホームページ制作・運営ならウェブコンシェル

コラム
  • コラム
  • コピーサイトは違法です!

COLUMNコラム

コピーサイトは違法です!

  • 2020.05.08
  • ホームページ制作

◇ コピーサイトは違法です! 

 

 

お客様よりホームページ制作の依頼があるとき、

「このホームページと同じくお願いします。」と希望される方がいらっしゃいます。

 

色味や画像の配置、フォント使いなど、イメージに近づけて制作することは

違法ではありませんが、まったく同じく作ることは、¨コピーサイト¨となり、違法です。

 

「似ている」と「完全コピー」とは、まったく違います。

 

実は、あなたも知らないうちに、ブログなどで画像の無断転用など

法を犯しているかもしれませんよ・・・。

 

無知は最大の敵です。

しっかり知識を身につけましょう。

 

 

目次

 

 

1 著作権とは?

 

ホームページ制作では、多くの写真やイメージ画像が使われていますが、

勝手にコピーして使用することはできません。

 

それは「著作権」があるからです。

 

では、著作権とはなんでしょうか?

著作権とは、知的財産権のひとつです。

 

著作物を創作した人を「著作者」といいますが、

著作者に対して、著作物を無断で使用されたり、変更されたり、

コピーされないなどの権利が「著作権」です。

 

意外と無意識に、インターネット上で検索して出てきた写真などを無断で

使っていませんか?

 

インターネット上にある写真や画像などのデータを引用することは

著作権法に触れる行為です。

また、それをホームページ制作に使用することはNGとされています。

 

では、写真撮影をすると、著作権は関係ないのか?

いいえ、やはり著作権は関係あります。

 

お客様自身で写真を撮影する場合や、制作会社側が撮影する場合も、

著作権に気をつけなければなりません。

・写ってはいけない建物や看板が入っていないか

・写っている人物に承諾を得ているか

 

もちろん、お客様のホームページ制作のために撮影した写真であっても、

無断で使用することはNGです。

 

また、素材購入する場合も注意が必要です。

ホームページ制作の際の写真や画像購入は、通常制作会社側で、

購入いたします。

 

そういたしますと、購入した写真素材は、購入者(制作会社)側に著作権が

付きます。

制作会社側が購入した場合、お客様側ではその写真を別の媒体などで

無断に使用することはできなくなるため、今後別の媒体での利用予定が

ある場合は、お客様側で素材の手配を行い、それを制作会社に提出しましょう。

 

著作権については、判断が難しい点も非常に多いですが、

著作権を侵害した場合、著作権者から侵害の差し止め、損害賠償、

名誉回復措置などを請求されます。

 

これとは別に、著作権法では権利侵害罪として

10年以下の懲役と1,000万円以下の罰金のいずれか、

またはその双方を科すという罰則が設けられています(著作権法119条1項)。

 

 

 👉制作事例はこちらをクリック

  

 

 

2 Googleが容認しているコピーコンテンツ

 

インターネット上には膨大な情報が溢れているので、

似たようなWEBサイトやコンテンツがあるのも事実です。

 

Google検索品質チームのマット・カッツ氏は

「インターネットの25~30%はコピーコンテンツだ」と発言し、

それだけで即ペナルティ対象にはならないことを、示しています。

 

Googleが容認しているコピーコンテンツのいくつかのパターンもあります。

 

【Googleが容認しているコピーコンテンツ】

・他サイトの一部を抜粋し「参考サイト」としてURLを記載する

・同じ情報でもコンテンツの構成や文章、言いまわしが異なる(類似率60%未満)

・他サイトの情報を参考に補足、間違いの修正などがされている

 

逆に、NGになるコピーコンテンツのいくつかのパターンです。

 

【NGになるコピーコンテンツ】

・他サイトのコンテンツをそのままコピーペーストし、参照元を表記しない

・語尾を「です」から「ます」に変えただけのコンテンツ

・コピーコンテンツに溢れ、コピーコンテンツで構成されたようなサイト

 

意図的にコピーコンテンツを制作するのは、もちろんやってはいけない行為ですが、

知らないうちに、【NGになるコピーコンテンツ】になっている可能性もあるため、

事前に調べられる機能があります。

 

それが、Googleの『完全一致』検索機能です。

検索窓にチェックしたい文章(32文字まで)を入力し、ダブルコーテーションマーク

「 ” 」で囲んで検索するだけで、簡単にチェックできます。

 

 

 

 

 👉制作事例はこちらをクリック

 

 

 

3 無断コピペを防ぐ方法は?

 

¨せっかく苦労して制作した、オリジナルデザインを無断で使用されたくない¨と

誰もが思いますよね。

 

では、そもそも無断でコピペができないように、できないか?

実は、それを叶えてくれる機能が存在します。

 

それが、「WP-Copyright-Protection」です。

 

WordPressでWEBサイトを構築する際、「WP-Copyright-Protection」

プラグイン(ソフトウェアに機能を追加する小さなプログラム)することにより、

WEBサイト上で右クリックし、テキスト(文章)や写真・画像などの

コピー&ドラッグもできなくなります。

 

事前に対策することで、自身のホームページをコピーされることは防げます。

ただし、前述したように、意図せず似たようなWEBサイトやコンテンツが

生まれることがあります。

 

ホームページ制作の過程で、キャッチコピー、サイトのレイアウト、

フォントや配色など、それぞれに著作権があることを、知っておきましょう。

 

しっかりと知識を身につけて、誰にも真似できないような、

オリジナルサイトを作りましょう!!

 

 

 

 

 

 👉制作事例はこちらをクリック

   

 

 

ホームページ制作・運営からWEBデザイン、ウェブサイト企画作成
ウェブコンシェル

〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1

TEL:0120-16-1244
受付時間:月~金 9:00~18:00

関連記事

CONTACT

どうぞお気軽にご相談ください!

オンライン見積り

CONTACT

お気軽にお問い合わせください!

0120-16-1244 営業時間 9:00~18:00
業界特化型ホームページ制作
200社近くの建設業者様のウェブサイトを制作!建設業界で実践したWEB集客を惜しみなくご提供いたします!
デイサービス専門のホームページ制作はじめました!
プロカメラマン出張撮影
採用情報
株式会社イエスリフォーム
PAGE TOP