お問い合わせ

ウェブコンシェル WEB CONCIER

株式会社 イエスリフォーム
東京都中央区日本橋小伝馬町20-3
NOGUCHI BUILDING 3F

tel:0120-16-1244fax:03-6667-0782

新着情報

新着情報

建設業・リフォーム業のホームぺージ作成についてくわしく

2018.06.25 12:21 カテゴリ:

◇建設業・リフォーム業のホームページ作成について詳しく◇ 

 

 

近年、中古物件を自分好みの内装にリフォームをする「リノベーション」などが人気ですが、ほとんどのお客様はインターネットから依頼する業者を探すと言われています。

では、いざホームぺージを作るとなったらどんなコンテンツが必要なのか。

実際に作るとしたらだいたい幾らぐらいを考えておけばよいのか。

そういった疑問をお持ちの方に、建築業・リフォーム業に特化したホームページ作成についてまとめてみましたので、参考になさってください。

 
 
 

 

 

1 建設業・リフォーム業のホームページ作成時のコンテンツの作り方について

※  “コンテンツ” とは、ホームぺージ上のあらゆる情報(中身)のことを指します

 

 
 
こちらでは、建設業・リフォーム業のホームぺージを作成する際に基本となるコンテンツを紹介します。
 
 

まず、以下の内容が、お客様が「建設業・リフォーム業」の会社ホームページを開いた時に知りたい項目として挙げられる主な項目です。

 

1.実際の施工実績とその写真

非常に重要です。その写真が業者を選ぶ上でかなり大きな部分を占めるといっても良いぐらいです。

 

2.作業工程や依頼の流れ

業者側が思っている以上に、依頼者側は作業工程や依頼の流れについての段取りが気になるという方は多いです。

 

3.会社概要、経営方針、社内の雰囲気がわかる写真

業者の会社内の人や雰囲気、様子が分かるようなコンテンツがあるとないでは、お客様にとって問合せのハードルの高さが違ってきます。

施工事例だけではなく、どういった人が関わって工事を進めてくれるのかを知りたいと思う方が多くいらっしゃいます。

 

4.おおよその工事費用

施工事例に載っている写真が希望に近かったとしても、金額を聞くためだけの問合せはしにくいのがお客様の心理です。

おおよその金額で良いので、施工写真と併せて坪単価や工賃を載せていくことで問合せがしやすくなります。

 

 

建設業・リフォーム業のホームページは

 

 <ホームぺージへの訪問 → 問合せ → 商談 → 受注>

 

といった流れを作るのが大切な役割でもあります。

 

ホームぺージをご覧になったお客様の、 “問合せ” に対するハードルをいかに下げられるか。そういったコンテンツ作りが大切です。

 

 

 

2 建設業・リフォーム業界特有のホームページ戦略で成功するためには?

 

 

 

建設業・リフォーム業は、施工事例の写真を通して実際の商品(施工内容)をお客様に伝えることができるため、ホームページは心強い “営業担当” となります。

 

そして更にホームぺージのメリットを実感し効果的な営業ツールにするは、下記のポイントを踏まえたページ作りをしていくことが大切です。

 

 

★ホームぺージを訪れるお客様が必要としているコンテンツをリサーチし、掲載する
★お客様のページ移動を推測し、問合せフォームへの効率的な動線を考える
★SEO(検索エンジン上位表示)対策  ※客層・ニーズを分析
 

リフォーム業界は「注文があれば全国どこへでも」とはいかない、仕事を受ける地域が限定されるビジネスのため、SEO(検索エンジン上位表示)対策は建設業・リフォーム業のホームぺージにとっては一番重要になってきます。

 

地域のお客様すべてがインターネットで業者を探す訳ではありませんが、比較的若い世代(30~40代)の人たちがリフォームを考えた時に業者探しで頼りにするのはほとんどと言って良いほどインターネットから。

そして主な検索の仕方としては、

 

1 建設業・リフォーム業のポータルサイトで業者の候補を絞って業者の公式ホームページを見る

2 例:「〇〇区・市(地名)、リフォーム会社」 等、地名を入力し業者を直接探す

 

といった方法が多いんです。

 

2のパターンの場合、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで「〇〇区・市、リフォーム会社」と検索した際に1~3ページ目の上位に自身の会社が出れば、ホームページへの「訪問者」は確実に増えます。

 

「訪問者」が増えるということは、目次1でも述べたように

<ホームぺージへの訪問 → 問合せ → 商談 → 受注>

 の流れが発生しやすくなり、受注となる仕事の “きっかけ” が増えていくことにつながります。

 

ホームぺージ戦略で成功するためには、自社の客層・強み・地域性を分析し、それに特化したSEO対策をしていく事が何よりも大事だと言えます。

 

自身での分析は難しい部分もありますので、ホームぺージ作成の際はSEO対策の知識のある業者を選ぶようにすると良いでしょう。

 

 

 

3 実際にどのくらい?建設業・リフォーム業のホームページ作成の費用相場

 

 

製造業ホームページ作成に必要となる費用についてですが、工事の費用と同じく、規模や仕様、業者様ごとの要望の内容によって大きく異なるため実際には、一律で「いくら」とご案内するのが難しい部分でもあります。

 

こちらではいくつか、一般的な内容・仕様で作成した場合のホームページ作成の費用について、費用が安いものから順にご紹介します。

 

ホームページ作成費用:5万円~15万円程度

いわゆるテンプレートと呼ばれる、デザインの中の決まったフレームに写真や文章を入れていくタイプです。

制作に必要なテキストや写真などは基本的に依頼者側用意する必要がありますが、とにかく安くやってほしいという場合だとこの方法でもいいかもしれません。

※中には、「初期費用0円でホームページ作成。作成後の更新・管理費を月額15000円。」などと、初期費用の安さを売りにホームページ作成を勧める制作会社もありますが、そういった料金形態のほとんどは5年などのリース契約です。

リース契約中は解約もできず、総額90万円になるにも関わらず最低限のコンテンツしか掲載できず、途中での仕様修正がないようなケースが多くあります。そういった契約内容には注意してください。

 

ホームページ作成費用:20万円~30万円程度

会社案内としてだけのホームページではなく「新規受注に力を入れたい」「優秀な職人さんを採用したい」

など、それぞれの目的に合わせてコンテンツを考えながらオリジナルのホームぺージを作っていく際には、テンプレートではなくオリジナルデザインでホームページを作成していく事が多くなります。

その場合はWEBデザイナーが一からデザイン案を考え、制作作業に費やす時間・工数が多くなりますのでその分費用が高くなります。

更に、ホームページ内のテキストも依頼者との打ち合わせ内容をもとに制作会社側がプロの目線で書いてくれることが多いです。

 

ホームページ作成費用:30万円~50万円程度

ただ一般的なコンテンツのホームページを作成するだけではなく、

・スマートフォン対応

・自社で施工事例等を更新できるようなシステムの組み込み

 

など、様々なオプションとなる機能を導入・設定する場合には上記の価格帯が相場となります。

逆に言えば、40万円ほどの予算があれば建築業・リフォーム業に必要なコンテンツが満たされたホームぺージはほぼ作成できると考えてよいかもしれません。

 

 

※こちらに掲載したホームページ作成費用については弊社の実績を含め、一般的な相場と思われる金額を載せております。同じ内容でも制作会社によって金額は違うことがありますのでご了承ください。
 
 
 
 
 

↓ ↓ ↓ 製作事例はこちらから! ↓ ↓ ↓

 

 
 
 
 
 
 

  • ホームページ制作・運営からWEBデザイン、ウェブサイト企画作成
  • ウェブコンシェル
  • TEL:0120-16-1244
  • 〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町20-3 NOGUCHI BUILDING 3F
  • 受付時間:月~金 9:00~18:00

ごあいさつ 代表取締役 齋藤直樹

COMPANY 会社概要

株式会社 イエスリフォーム
WEBコンシェル事業部
〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町20-3
NOGUCHI BUILDING 3F
TEL: 03-6661-1244
■営業時間 9:00~18:00
PAGE TOP