株式会社イエスリフォーム 〒103-0005 東京都中央区日本橋久松町13-1

業界特化型のホームページ制作・運営ならウェブコンシェル
業界特化型のホームページ制作・運営ならウェブコンシェル

コラム
  • コラム
  • 建築会社のホームページが少ない理由

COLUMNコラム

建築会社のホームページが少ない理由

  • 公開日:
  • ホームページ制作

今日のデジタル社会では、インターネットは企業が顧客との関係を築き、ビジネスを拡大するために欠かせないツールとなっています。しかし、私たちの生活に深く関わっている建築業界にもかかわらず、建築事務所がホームページをあまり持たない傾向があるのは、高度な専門知識や技術が重視されているためです。今回のコラムでは、その理由を探り、建築事務所がホームページを持つことの重要性について考えてみたいと思います。

建築業界の特殊性とホームページのニーズの違い

建築業界は他の一般企業とは異なる特殊性を持っています。建築プロジェクトは高度な専門知識と技術が要求されるため、建築会社は顧客との直接的な対話や実績を重視する傾向があります。ウェブサイトで簡単に再現できるようなサービスを提供する企業とは異なり、ホームページのニーズは他の業界とは異なるものとなっております。

 

【建築業界の特殊性】

建築業界の特殊性は、高度な専門知識と技術を必要とすることにあります。建築プロジェクトは、建築法規や安全基準、構造設計、材料選定などの専門知識が要ります。また、正確さと品質の保証も建築業界では個別の要件や検討に基づいたカスタマイズが必要であり、顧客の要望や予算、環境に応じた柔軟な対応が求められます。建築プロジェクトの成功は、施工現場での協力やコミュニケーションの協議さにも依存し、建築会社は多くの専門家や業界関係者と協力しながらプロジェクトを進めます。建築業界の特殊性により、顧客との直接的な対話や現物の視察が頻繁に行われます。

 

【ニーズの違い】

建築業界におけるホームページのニーズは他の業界とは違います。建築プロジェクトは直感的に理解しにくい要素が多いため、顧客は視覚の観察やモデルなど具体的なイメージを得ることが重要です。また、顧客は直接的な対話や面談を求める傾向があり、建築業界は施工技術や品質管理を重視しています。建築業界では、実績や信頼性が重視されるため、直接的な対話や建物の現物確認によって企業の能力や品質を判断することが一般的です。なお、建築プロジェクトは規模や特性によって異なるため、ホームページ上ですべての情報を網羅することが難しく、ホームページのニーズは他の業界と比べて低い傾向にあります。

建築会社の営業手法とホームページの役割

建築会社は伝統的な営業手法を重視しており、直接的な営業活動や皆さんの顧客ネットワークを活用することが一般的です。実績や信頼性の要素が関わるため、顧客は個別の相談や直接的な対話を求めることが多いです。そのため、建築会社はホームページを必要とせず、営業活動に重点を置いています。

 

【建築会社の営業手法】

建築会社の営業手法は、伝統的なアプローチが一般的です。建築プロジェクトは大きな投資や信頼性の要素が関わるため、顧客との直接的な関係構築が重要視されます。それには、顧客ネットワークや口コミによる紹介で新規プロジェクトを獲得することが多く、個別の相談や面談を重視します。営業担当者は顧客と洞察関係を構築し、具体的な要件や予算に応じた提案をします。営業活動には直接的な対話や現地見学、模型や図面の説明などが含まれることが多く、ホームページよりも現実的な接触を重視する傾向があります。

 

【ホームページの役割】

ホームページは建築会社にとって、企業の認識や専門知識の強調、信頼感の醸成に役立ちます。ホームページは、建築会社の特色やデザインスタイル、専門的な取り組みを視覚的に伝えることができます。これまでのプロジェクトや実績を紹介することで、企業の能力や品質をアピールする手段となるでしょう。さらに、ホームページは遠隔地や国内外からの顧客とのコミュニケーションを容易にし、情報提供やお問い合わせの窓口として活用します。ホームページは建築会社のオンラインプレゼンスを確立し、新規顧客の獲得や信頼の構築に取り組むことができる重要な役割を果たします。

ホームページを活用するメリットと将来の可能性

建築会社がホームページを活用することには多くのメリットが存在します。

 

1.24時間情報提供

ホームページにいつでもアクセス可能であり、建築会社の情報やサービスについてお客様に提供することができます。

 

2.オンラインプレゼンの強化

ホームページは企業のオンライン上での存在感を高め、ブランドイメージや専門性をアピールする手段となります。

 

3.プロジェクトのビジュアル展示:

ホームページでは建築デザインや過去のプロジェクトの写真やビデオを掲載することで、顧客に建築会社のスタイルや能力を視覚的に伝えることができます。

 

【将来の可能性】

ホームページの活用は、建築会社にとっての可能性を秘めています。デジタル技術の進化や顧客のニーズの変化に伴い、ホームページはより重要な役割を果たすことが予想されます。

 

●ブランド認知度向上

まず、デジタルマーケティングの進歩により、ホームページは建築会社のブランド認知度を高める手段として活用できます。ソーシャルメディアやオンライン広告などのプラットフォームと連携し、より多くの潜在顧客にアクセスすることが可能です。

 

●施工イメージのビジュアル化

また、ビジュアルコンテンツの重要性が増している現代において、建築会社はホームページを活用して、建築デザインや施工の成果を魅力的にビジュアル化することができます。顧客にとってのメリットは仮想空間で建築物を体験することが可能になります。

 

●オンラインコミュニケーション

さらに、オンラインコラボレーションの重要性も増しています。ホームページ上でプロジェクトの進捗状況や設計図の共有、リモート会議の実施など、遠隔や異なるチームとの効果的なコミュニケーションが可能です。

 

AI技術の活用

将来的には、AI技術の活用やIoT(モノのインターネット)建築の将来発展により、ホームページは会社のプロセス改善や顧客体験の向上にも期待されます。デジタルツールやデータ分析の活用により、建築会社はより効率的で持続可能なプロジェクトを提供することが可能となります。

 

建築会社のホームページが少ない理由は、建築業界は専門性が高く複雑なのが原因です。プロジェクトを完了させるためには、個人的なやり取りや信頼関係の構築が必要となりますが、建築会社もデジタル化の進歩や顧客のニーズの変化に対応するために、将来的にはホームページの活用が増え、一般的になることでしょう。

お気軽にお問い合わせください

投稿者プロフィール

株式会社イエスリフォーム 代表取締役 齋藤直樹
株式会社イエスリフォーム 代表取締役 齋藤直樹
SNSも更新しています!ぜひご覧ください!

ホームページ制作・運営からWEBデザイン、ウェブサイト企画作成
ウェブコンシェル

〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1

TEL:0120-16-1244
受付時間:月~金 9:00~18:00

関連記事

CONTACT

どうぞお気軽にご相談ください!

オンライン見積り

CONTACT

お気軽にお問い合わせください!

0120-16-1244 営業時間 9:00~18:00
業界特化型ホームページ制作
200社近くの建設業者様のウェブサイトを制作!建設業界で実践したWEB集客を惜しみなくご提供いたします!
プロカメラマン出張撮影
採用情報
株式会社イエスリフォーム
PAGE TOP