株式会社イエスリフォーム 〒103-0005 東京都中央区日本橋久松町13-1

業界特化型のホームページ制作・運営ならウェブコンシェル
業界特化型のホームページ制作・運営ならウェブコンシェル

コラム
  • コラム
  • ホームページのアクセス数を増やすためにできること

COLUMNコラム

ホームページのアクセス数を増やすためにできること

  • 2021.05.13
  • CMS
  • ホームページ改善

ホームページを持っているけど、思ったようにアクセス数が伸びない・・・

とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

ホームページはきちんと正しく運用しないと、成果にはつながりません。

アクセス数を増やすために「やるべきこと」をご紹介いたします。

コンテンツの更新が簡単にできるWordpressを導入する!

申し上げた通り、ホームページは作ってそのまま放置では、アクセスは増えることはありません。

良質なコンテンツ(記事)を、適宜更新する必要があります。

そして、コンテンツの内容は良質なものでなければなりません。

良質というのは、例えばハッシュタグだけつけて中身のないものでなく、ホームページに訪れた人に役に立つ情報が書いてあるものということです。

 

更新すべきコンテンツの一例をご紹介します。

 

・新着情報

・ブログ

・コラム

・お客様の声

・よくある質問

・施工事例、商品紹介、物件紹介など

 

Wordpressなど、簡単にコンテンツを更新できるCMS(コンテンツマネジメントシステム)を採用すれば、制作会社に依頼などしなくても、自社で簡単にコンテンツの更新が可能です。

 

「ところでWordpressとはなんぞや?」という方に簡単にご説明いたします。

Wordpressとは、CMS(コンテンツマネジメントシステム)というものの一つで、

「専門の知識がない方でも、サイトのコンテンツを管理・更新できる仕組み」のことをいいます。

 

元来、ホームページに新しい情報を追加や更新をしたい場合は、「html」という専門のホームページ構築のための知識がないとできませんでした。

でもWordpressなら、専門の知識がなくても、コンテンツを簡単に更新できます。

 

とても操作性の良いシステムですので、コンテンツの更新も手間でなく、都度制作会社への依頼で費用が嵩むこともありません。

社内で、特定の人しか使えないということもないので、偏った業務負担もなくなるでしょう。  

ホームページを新規作成、リニューアルする際はWordpressの導入をおススメします。

 

 

ユーザーに役立つコンテンツを更新しよう!!

コンテンツを増やしたり、更新するとYahoo!やGoogleの検索エンジンにインデックスされてそのページの評価が高くなりSEO効果があります。

ホームページを長く運営していると、古いコンテンツの情報が昔のままの場合もあるでしょう。

そういった既存のコンテンツも放置したままにせず、最新情報を追記したり、テコ入れすると質が良くなって検索エンジンに評価されます。

「それならとにかく毎日なにかしらコンテンツを更新・追加すればよいのか?」というとそうではありません。

ユーザーに役に立たないコンテンツをむやみに数だけふやしてもSEO対策に効果はないのです。

 

確かに、新しいコンテンツは、新しい情報が多いので、ユーザーにとって価値があると判断される傾向があるのは事実です。

しかし、むやみやたらと毎日更新して頻度をあげるよりも、コンテンツやの質を高めるほうに注力した方がSEO効果は有効です。

 

役立つコンテンツとはどんなものでしょう?

逆に「ユーザーに役に立たないコンテンツ」を思い浮かべるとわかりやすいかもしれません。

役に立たない、粗悪なコンテンツとは、「利益・儲けしか考えていない」ものではないでしょうか?

提供する側に有利なことを、ユーザーが誤解を生むような表記をして商品の購入などを促そうとしたりするものです。

 

ユーザー目線を忘れず、価値あるコンテンツを意識したいですね。

 

 

 

レスポンシブ対応は必須!!!

御社のホームページはレスポンシブ対応されていますか??

レスポンシブ対応とは、ストレスなく快適にスマートフォンで見ることができるシステムのことをいいます。

アクセスを増やすためにはスマートフォンから見やすいホームページにする必要があります。

いま、PCから閲覧する人よりスマートフォンから閲覧する人の方が格段に多いからです。

検索してせっかく御社のホームページに訪問したのに、見づらかったり、開けなかったらユーザーはすぐ離脱してしまいます。

レスポンシブ対応は必須です。

スマートフォンから見やすいかどうかを指標する基準を「モバイルフレンドリー」といい、SEOにも影響があります。

 

前述した役立つコンテンツと同じく、ユーザーがストレスなく閲覧できるか?

ボタンは小さすぎずに押しやすいか?など・・・

 

レスポンシブ対応していないユーザーの満足度が低いホームページは検索エンジンの評価は下がってしまうのです。

「モバイルフレンドリー」はユーザーの満足度向上が目的なのですね。

 

いかがでしょうか?

ユーザーに役立つコンテンツをなるべく多く更新し、見やすいホームページにする・・・

簡単なようで、できていないこともあるのではないでしょうか?

 

Wordpress導入や、古く、使い勝手の悪いホームページリニューアルなどぜひご相談ください!

少しでもお役に立てましたら幸いです。

 

 

 

お気軽にお問い合わせください

ホームページ制作・運営からWEBデザイン、ウェブサイト企画作成
ウェブコンシェル

〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1

TEL:0120-16-1244
受付時間:月~金 9:00~18:00

関連記事

CONTACT

どうぞお気軽にご相談ください!

オンライン見積り

CONTACT

お気軽にお問い合わせください!

0120-16-1244 営業時間 9:00~18:00
業界特化型ホームページ制作
200社近くの建設業者様のウェブサイトを制作!建設業界で実践したWEB集客を惜しみなくご提供いたします!
デイサービス専門のホームページ制作はじめました!
プロカメラマン出張撮影
採用情報
株式会社イエスリフォーム
PAGE TOP